2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 購読新聞を、また変更 | トップページ | 伊丹十三のエッセイに夢中 »

2016年5月 3日 (火)

危うし、ロコモ診断

連休初日、ブリッジトーナメントで対戦したチームメンバーの一人が、右手に包帯をぐるぐる巻きしていてカードを左手でにぎっていたので、どうなさったんですか?と思わず訊いてしまった。
>それがね、テレビのロコモ診断っていうの、やってみたら、転んじゃって、骨にひびがはいっちゃったの。
>まあ、さぞご不自由でしょう、お大事に。

人ごとではなかった。
私もこの『たけしの家庭の医学』を途中からみて、ロコモとは何か?と思いながら、足腰の弱り状態を調べるのでは?と想像しつつ、椅子にあさく腰かけて、片足で立ちあがる、というのをやってみたからだ。
膝が危うい左のほうはやめておいたが、そういう状態ではないひとが、危険を察知せず、試して転んでしまうという事態は十分あり得る。
ロコモとは、ロコモティブシンドロームの我が国得意の日本語化略語、加齢による足腰の衰えた状態を表す言葉。

我が家は夫も私もネコまでもロコモである。
私の膝は最悪の状態を脱したようだ。
一日のブリッジゲームは知力、気力、体力、果たして、耐えられるかどうか神経をはりめぐらせて、以前よりも耐久力があり、足が動いてくれるのを感謝するよい試練の場所でもある。

ともかく、この年齢になるまで生かしてもらえたのだから、ロコモになるのは当然と受け止め、それ以上悪くならないように、くいとめるのが、今の私の務めであると念じている。

そういえば実母はいまのわたしの歳ぐらいのときに、転び、SOSの電話をしてきた。どうしたの?と訊くと、テレビの体操をやってみたのよ・・・・
あのとき骨折し、以後、数年の要介護生活が始まったのである。

« 購読新聞を、また変更 | トップページ | 伊丹十三のエッセイに夢中 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 購読新聞を、また変更 | トップページ | 伊丹十三のエッセイに夢中 »