2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ある日のどっきり | トップページ | カーブス体験 »

2016年3月26日 (土)

久々の遠出

地下鉄を乗りついで浅草へ。
目的は日之出のおせんべい、ときどき、無性に食べたくなるので。
銀座線で浅草に近づいたとき、あのベルギーテロの実行犯によく似た風貌の外国人が黒のバックパック姿で乗ってきて、緊張した。
あのような事件が起きたら、膝痛持ちのわたしは逃げおくれ、死ぬ運命となるだろう。
地下鉄のトンネルを逃げまどうなんて、どれほどの恐ろしさだっただろうか。

浅草は相変わらずの賑わいである。実は一月、杖をつきながら、浅草歌舞伎に来たのだった。友人K子さんにつきあっていただき、のろのろとワンブロック先の日之出せんべいに立ち寄り、タクシー乗りついで、帰宅した。
浅草公会堂までもタクシー乗ろうとした一月のときと比べて、足ははるかに安定している。杖なしだし、痛みもほとんど感じない。

日之出に着くまえに、栗むし羊羹や、シソふりかけなどを買い込む。浅草は、ほんと、古き良き時代の和食の店が充実しており、買い物が楽しいところだ。

買い物のあと、大通りに出る途中、しゃれたカフェのような建物が目についた。Photo


一休みしようかと思ったのだが、そこは何と、ホステルつまり、バックパッカー用のカプセルホテル(Bunka Hostel)で、フロントには、感じのいい外国人女性が混じっている。四月に息子の彼女が来日することになっていて、ホテル探しが思いのほか困難、とメールに書いてあったのを思い出し、ちょっと情報を仕込むことにした。外国人女性は流暢な日本語で、その日程なら、今であれば、予約可能だと答えて、値段を教えてくれた。一泊5000円以下、長期滞在にはまさにリーズナブル、フロント前のカフェ的場所、夜は居酒屋になるのだそうだが、コーヒーはいつでも飲めるとのこと。
パンフレットを二通持ち帰った。

帰りは物騒な想像をしたくないので、地下鉄をやめ、通りすがりに見つけたバス停から、上野松坂屋終点まで乗って、JRで蒲田へ出ることにした。多摩川線の途中駅が我が家まで徒歩五分なのである。
隣りにすわった高齢女性、話しかけてきて、脳梗塞で右半身マヒの危機があったそうなのだが、名医に巡り会い回復、いかにラッキーだったかを、延々と聞かされながらの二十分となった。

« ある日のどっきり | トップページ | カーブス体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バックパッカーでなくても、安く連泊できるホテルは有難いですよ。
子供たちが三人揃って東京にいるので、上京することも多いのですが、くちこはわがままで神経質なので、子供のマンションに泊まるのは気が乗らないんです。
先ず、狭いしね。
でも、ホテル代が勿体ない。
寝るだけなのでねえ。

浅草、一度行きましたが、嵐のような天気だったのでね。
あまり印象が無いです。
草加せんべいって浅草でしたっけ?

日之出のおせんべい
以前アド街ック天国という番組で観たような
ご自身でお買い物に出られるようになり
安堵いたしました
ベルギーテロ
怖い世の中になりましたし今日は2年前に不明になった
少女の話題がどのチャンネルを回しても放映され
鼓動がパクパクでした・・・狭心症ありの私です

くちこさん
オリンピックに備えてなのか知りませんが、素泊まり5,6000円台の、結構おしゃれなホテルがいっぱいできているのに驚いています。浅草のここもそうですが、ここを検索したら、ほかの地域にもいっぱいあるんです。
五反田の『アリエッタホテル』はイタリアレストランの上にあるらしいし、三軒茶屋の『ザ・ビー』なんかも悪くない・・・いい睡眠がとれるベッドさえあれば、スペースはいらないんじゃないかしら?
連泊にはこの値段、魅力ですよね。
草加、って場所の名前だと思います。

おばさんさま
まったく恐ろしい世の中です。
誘拐される危険はなし、ですが、コワイことにまきこまれる可能性あり、家にじっとしてるに限る、なんて夫は言うのですが、それもストレスになるコワイことではあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ある日のどっきり | トップページ | カーブス体験 »