2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« クヴィエチェンにクビったけ | トップページ | 続、病院へ »

2016年2月19日 (金)

食べること

膝を傷めてからのおよそ二か月、予定ほとんどなし、外出の少ない日々となると、食べることは面倒でも省略できないし、それだけが、楽しみにもなる日があるので、何をどう、簡略にして、おいしく食べるか、ということを随分模索した。

私一人なら、イタリア風スープのレシピをいくつか得意にしているので、それと、手製のピクルス、手製のフレンチドレッシングさえあれば、パン食や、洋食系はそれで間に合う。

問題は夫で、揚げ物大好き、グラタンとポテトサラダという、昭和一桁生まれ特有の、異様な組み合わせで満足という人種なので、彼に合わせていると、胃がおかしくなってくる。
ときには、それぞれにしない?と提案して手抜きをするのだが、その際、やましさを感じずに済むように、これさえあれば、というものを用意することにした。

例えば煮豆、今年の正月、黒豆がよく煮えて、この豆、ほんと、うまいよ、と何度も言うので、黒豆をいつも煮ておくことにした。五、六日はもつので、毎回一袋分を煮ておく。
習慣にしていると、大して苦にもならない。
それとおいしい味噌汁、出汁は例の茅乃舎のを使い、あとは袋の中身を出して、二袋分ぐらいたまると、干し、すりごま、加え、乾煎りし、醤油、みりん少々加え、サクラエビなど混ぜて、ふりかけにする。味噌はマルサンこうじ味噌、とオオサワの麦みそをいつも絶やさぬようにして、単独だったり、混ぜて使ったりしている。

共通で食べるもの、たとえば、天丼や、ブリの照り焼き、ブタの生姜焼き、あんかけ焼きそばといったものは、ついつい目分量ですませていたのだが、出来上がりの味にむらがあったりするので、この際見直し、NHKのきょうの料理や、栗原はるみさんのレシピをネット検索して、しっかりメモし、冷蔵庫に貼り付けておくことにした。

たとえば、天丼のたれ、醤油6T、みりん4T、砂糖2T。(T=大匙、t=小さじ、C=カップ)

ブリの照り焼き、塩1tふり、30分おき、水洗い、小麦粉ふる。のちたれ、醤油、酒、みりん、砂糖を2・2・2・1Tまぜ、ブリをフライパンにサラダオイル熱し、焼いたあと、紙タオルで脂分ふき、たれをからませる。

ブタ生姜焼き、ショウガすりおろし、ブタにからめ、たれ、醤油4t、酒4t、みりん1T,,砂糖1tの一部をもみこみ、しばらくおいて、ブタやき、のこりのたれをからめる。

あんかけ焼きそば、栗原さんのレシピより。スープ2C、醤油2T、オイスターソース2T、紹興酒2T、(今は小瓶のものを売っている)片栗粉、水2T料理まえに溶かしておく。

そのほか、カレーライスは市販のルーに飽きていて、そうかといって玉ねぎを十数分以上もいためる根気もないので、あれこれ思案していたら、『きょうの料理』で鈴木登紀子ばぁば先生がお母さまのカレーなるレシピを紹介されていて、これをためしたら、まさしくわたしの求めるカレーができたのであった。なんとただのカレー粉と小麦粉水溶きでルーをつくる、あっさりカレー、これが実に高齢者の口に合うのである。

« クヴィエチェンにクビったけ | トップページ | 続、病院へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの訪問です

食べることって大切でありながら
少々面倒な点もありですね
調味料は%でやっていましたが・・・・
私が学生のころはそのように教えて頂きました
確かに自分の口に合うものがあった時は
メモを貼り付けておくのが良い方法でしょうね
参考になりました

ここに書かれているレシピ、参考にしたいと思います。
何十年もやってきた台所、ちょっと立ち止まり、テキストを開いて
初心に帰る・・・、とても大事ですね。同感です。
私もマンネリ化していますが、テキスト通りにやって味がよみがえる
ことがあります。
こんな風にして食生活を楽しむことを実感しています。

ときこばぁばのカレーライスを探してみます。

高齢者二人世帯だと、食べることが手抜き、マンネリと疎かになっています。
新しいレシピもなかなか挑戦しなくなっていることに気付かされました。
メモして、トライしてみましょう!
冬ごもりから抜け出さなきゃ!!

おばさんさま
お久しぶりです。
主婦業には定年がないことを、恨めしく思うときもありますが、食べることは一生つきまといますので、おろそかにはできませんね。
たとえ凝ったものでなくても、手づくりのものがおいしいと、外食は高いばかりで、なかなか満足する味に出会えないのが難問でもあります。

ちゃぐままさん
ここに記したレシピはほかのものも試したうえで、一番おいしい、納得がいく、というわたしの独断と偏見入りのものです。
大好きメニューとは言えないのですが、それだけに、味がよくなくては、というわけです。

tomokoさま
テレビの『きょうの料理』やキューピー三分クッキングはメニューによっては、ときどき観ることにしています。
おや、なるほど、と再発見があったりします。

ここ最近、本当に、おうちご飯が好きです。
たいした料理ではないですが、自分の料理が一番。
外食したいと思わなくなりました。
そして、野菜の滋味が本当に嬉しく、有り難く思うようになりました。
だから、長旅だときっと欲求不満になると思います。
どんなに美味しいご馳走が続いたとしても・・・
黒豆、私も、小分け冷凍よくしていますよ。
煮豆、家の味が良いですよね。

くちこさん
料理に絶対の自信があるわけではないのですが、長年家事をしてきたものだけがわかる、自分好みの味や、分量の目安の巧みさは、誇れますよね。
だから、いくら美味と言われても、高級旅館は興味がわきません。果たして全部食べられるのかと・・
高齢者むきの皿数の少ないところはないものかと、探しています。
でもそれでは商売成り立たないのかもしれませんが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クヴィエチェンにクビったけ | トップページ | 続、病院へ »