2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 手紙 | トップページ | 読み始めたら、やめられないヘニング・マンケル本 1. »

2016年1月10日 (日)

孫娘の成人式前撮りの日

「前撮り」と称して、成人式のために振袖を着て写真を前日に写す手筈をととのえるに当たり、ひと騒動あった我が家だが、いよいよ振袖と襦袢を出して、ととのえるのも、膝がまだ完全に治癒していないわが身にとっては大仕事だった。
まずは襦袢の半襟付け、自分用に買ってあった、梅の小花刺繍の半襟をまさにこのとき役立てようと、およそ一メートルの長さをしわがよらないように引っ張りながら縫い付けるのも、容易ではない。018_2


こんなことをしているのはかなりの少数派なのではないかと思ったのは、ネットの記事で、いまは着物レンタル、美容院のヘアメイクに着付け、写真セットで、相場が10万から20万というのを知ったからで、我が家のように母親の振袖、帯は祖母のもの、着付けも知り合いに頼んで出張してもらうなどというのは、料金を出してすべてまかせるのと違って、安上がりなかわりに、細かい手間と手数がかかるのは仕方がなく、これは、わたしがすべてお任せのパックツアーを好まず、手間はかかるけれど、自分で全部プランをたてて旅行をするのと似ているな、と思ったりもした。
さて、長年しまってあった着物と襦袢にアイロンをかけるのも、これ、かなり難儀だったけれど、なんとかこなした。

着付けをしてくれるのは我が家に二週間に一度、家事手伝いをしてくれる、Sさん、彼女は銀座の呉服店で着付けを担当していた、立派な経歴もあり、フラワーアレンジメントも凄腕というひと、もう二十年以上も来てもらっていて、孫たちも随分世話になっているので、今回の着付けの役目を大層喜んで引き受けてくれた。

そし今日、当日、母親は朝から仕事、孫娘は自分で行きつけの美容院でヘアだけセット、ゆうべ、ばぁば、着物の写真おくって、とメールしてきたので、ちょっとしんどかったけど、携帯で写真をとり、添付しておくった。スタイリストさんに見せて、そのイメージでヘアを結ってもらうのだそうだ。

あらわれた彼女、パーマもかかっていないヘアを、髪飾りまでつけて結い上げ、ナチュラルメークまでしてもらって、娘らしさ匂うような姿に、期待していなかっただけに、感動した。

およそ一時間、Sさん、さすが見事な帯むすび、お着物も帯も、ものがいいので、やりがいがありますという、言葉にほっとしたけど、帯揚げも、帯締めも古いもの、でもその古さがなんかすべて調和して、統一感があった。007


006_2

もとカメラ部の孫息子が写真係であらわれ、わたしと夫がつきそって、夫の運転で、近くの神社へ。天気もよく、参拝客も少ない絶好の穴場とでもいうべき場所、オジサンの息子までやってきて、沢山いい写真がとれた。
015_2

早朝からお赤飯を炊き、煮物、ホウレンソウの胡麻和え、などつくっておいたので、戻ってからランチ、三合炊き、一部をSさんに、お弁当にしてプレゼントしたのだけれど、孫たちはあっという間に平らげ、やっぱりお赤飯て、こういうときにおいしいよね、などと言ってくれた。

かなりハードな一日、でも祖母としてやるべきことを、やり終えた達成感で、なんだか、足もよくなってきそうな、希望もわいてきたのだった。

« 手紙 | トップページ | 読み始めたら、やめられないヘニング・マンケル本 1. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

成人 おめでとう御座います。

僕も江戸っ子で古い昔のおばあちゃんの事よく覚えています。親戚に踊りの先生やら

料亭の女将などがいたので、古いしきたりにこだわっていたのを良く覚えています。

それに反して娘は、カジュアルオンリーそれでも成人式にはママが着物を着せたんです

が...。時代の変化とはいえ歴史は引き継いで行くべきですよね...

お孫さん、成人おめでとうございます。
とても清純な感じで美しいです。美容師さんの常識を感じさせるし、
また、着付けもこの帯の結び方も素敵!帯の柄もいいですね。
お着物とぴったりです。

これからのお孫さんの人生が素晴らしい道であることをお祈りします。

へこたんさん
うれしいお言葉いただきました。ありがとうございます。

この美容師さん、孫娘が子供のときから通っているところで、顔かたち髪質知り抜いていてくれるセンスいいひとです。
娘が昨日やってきて、自分のときと比べたいといって古い写真出してみていたのですが、娘のときより、孫娘のほうが、見事に仕上がっていたと思いました。、

Massyさま
いまは何でもお金出して、おまかせ、というスタイルが多いようで、着物のことを本当に理解させるのがむずかしいようですね。
着物のたたみ方も知らない若いひとも多いのではないでしょうか。

素晴らしい一日に、そして美しいお孫さんに♪~q(^-^q) q(^0^)p (p^-^)p~♪

美しく成長されたお孫さんは、コンサートの時もそうでしたが、周りの愛情を一身に受けてこんなに立派に・・・。本当に皆さんが感慨無量だと思います。
(ふ、ふ、ふ、特に和服姿だと、キューっと独り占めにしたいと思いませんか?)

一家総出のまさに素敵な行事。cannellaさんファミリーの歴史と生き方がギュッと詰まった、なんと素敵な一日のブログでしょう。
この一日に「来し方」が凝縮されていて、人生はなまるですね。

お着物、帯もさることながら、半襟が素晴らしいです。
抑えた色遣いと品の良さ。
着こなすお孫さんも素晴らしいけど、それを準備したcannellaさんの
センスもすばらしいです。
写真をもっと見たい気がしました。

ちゃぐままさん
過分な賛辞をいただきました。うれしかったです。

半襟はわたしがかつて着物を着ていたとき、襟元に個性を持たせることがすきで、コレクションしていたものの一つを役立てました。
写真、一枚追加しましたので、ご笑覧ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙 | トップページ | 読み始めたら、やめられないヘニング・マンケル本 1. »