2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 刺し子の最高峰 | トップページ | 『心の糧』 »

2015年11月29日 (日)

ある日の意識の流れ

娘から電話があった。孫娘が来年成人式を迎えるので、着物を着せて記念写真をとりたいのそうだ。
あたしのときの着物、まだあるかしら?
わかった、探しとくね。
やすやすOKを出したが、探すのが大変だった。
わたしのクローゼットはわずか三畳、一番奥に和ダンス、その横のポールにぎっしり、ハンガーがぶるさがっている。タンスに直角にまたポールがあって、そこにもやがて必要になるコート類のハンガーがぎっしり、その下にはすでに着なくなった春夏ものを入れた衣装箱が二つ積み上がっている、というわけで、タンスの引出しを探すのは容易ではない。
ハンガーを半分ほどおろし、衣装箱を外に出して、引出しをあける。わたしの左ひざの後ろはあいかわらず痛むので、しゃがむのがつらい。ところが振袖は一番下に入っていた。着物と帯と長じゅばんを出せばよいというものではない、帯閉め、帯揚げ、半襟、肌襦袢、腰巻、着付けに必要な小道具一式、やっとのことで全部そろって、やれやれ。

ともかく、探し出したことを伝えようと、娘が仕事から帰ったころを見計らって電話する。
自宅の電話が通じないので、携帯も呼び出したが、これもダメ、三度目くらいに、ようやく自宅の電話に出た娘はひどく機嫌が悪かった。
これから食事なのに、メールってものがあるじゃない、どれだけ忙しいかわかってるんでしょ・・的なことをいらだった声で言うのを聴くのがいやで、わたしは受話器を下した。
探し出した着物のこと、着付けはわたしが元気なときならやってやれないこともないけれど、いまは体調不全で無理、当てがあるから、そのひとに早く予約を、ってなことをメールでながなが打てない、PCのメールは見ないこともあるので、携帯となると、こんな長メールを体調不全なときに打つのはしんどいのである。
翌日の夕方、わたしは猛烈な腰痛におそわれはじめた。思い当るのはこの振袖探しの労働である。

テレビをつけたら、原節子追悼番組で『東京物語』の、葬式場面が映し出された。末娘が実の兄や姉が自分勝手なことを言ったあと、早々に帰ってしまったことに不平をもらす。
戦死した次男の嫁役の原節子が言う。「みんな自分のことが大事になってくるのよ」わたしは身につまされて、涙があふれた。それに、香川京子以外の主な俳優は全員この世にいない。しかも東山千栄子演ずる母親の享年は68なのである。わたしはそれよりも九歳も年上でまだ生きている。
最終場面の列車の中、物思いに沈む原節子の表情がきわだって美しかった。このひとの大輪のバラが開いたような笑顔をどれほど好ましく思ったことか。
『東京物語』はやはり後世に残る傑作である。
なにげないせりふが半世紀以上たった今でもこれほど、身にしみるのだもの。

« 刺し子の最高峰 | トップページ | 『心の糧』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

cannellaさん、私もお嬢さんと同じなんです。高齢の親にひどい口のきき方をする。
それは単なる甘えなんです。最低なこととわかっていながら毎度繰り返し自己嫌悪。

以前会社に母から電話があり、いつものように「なにやってるのよ!」的な言い方を
していたら、同僚の男性が「今誰と話していたの?」と聞くので、「うちの母」と言うと、
「だめだよ、お年寄りにはもっと優しく話さないと」とたしなめられました。彼にも高齢の
ご両親がいるのですが、きっと優しく接しているのでしょう。あ、彼のお姉さんもすごい
とは言っていましたが。

感謝しているんです。元気でいてくれることが有難くて仕方ないのです。それは本心。
なのにどうして言葉もきついし態度も優しくない。でもふと、ある時の悲しげな親の表情を思い出すと胸が締め付けられるほど申し訳なります。なのに繰り返す。
もしかして会話できるのは今日が最後かもしれないから明るく別れようと毎回思う
のに、なんとなく「じゃあね!バタン」というそっけない別れをしてしまい、いつか後悔
するのだろう、と怖くなります。お嬢さんもそうかもしれません。

ところでメールですが、パソコンで自分の携帯に打って、転送することもできます。
もちろん直接パソコンから携帯に打つこともできますが、いたずらメール防止のために
ドメイン指定してパソコンメールを受け付けないようにしているか前もって確認される
ことをおすすめします。

長くなりましたが、お孫さんが立派に成人式を迎えられること、おめでとうございます。
私のまわりもみな子供たちが親の着物を普通に着て写真に収まってますよ。
とても素敵なことだと思います。もしかしたら亡くなったおばあ様などが買ってくれた
ものなら一層そうです。腰痛、お大事にしてくださいね。早めの手当が大事ですよ。

そうそう、着物って一式、小物全てですからねえ。
バックから草履まで、果てはかんざしまで?
ご苦労様でした。
とりあえず、くちこから労いを。
くちこも、たまに、一式、東京の娘宅に桐の衣装箱に全て詰めて大きな宅急便を送る羽目になります。
東京の狭いマンションに着物を仕舞う余裕は無く、都度都度着物が行ったり来たり・・・
クリーニングはくちこです。。。

へこたんさん
ありがとうございます。元気をくださいました。
思い起こしてみると、わたしも実母の電話をわずらわしく思い、ひどい声音で、ずけずけ言っていたという記憶があります。
みんな繰り返しているのでしょうね。こういうことを。
腰痛は少しずつよくなっているような気がしますが、部屋の整理も針しごとも、まったく手につかず、そのことが重荷になって、いまちょっと、ウツ気味です。
でも励ましていただきました。
お忙しいのに、長文のメール、感謝しています、本当に。

くちこさん
あなたもそういうご努力、していらっしゃるのですね。
着物を着るということは一大労力ですね。
何か、いろいろ面倒で、半襟つけなおすのも延ばし延ばし、ともかく身体が元にならないと・・・
天気の良い日に虫干しがわりに振袖、ハンガーにかけようと思いつつ、手につかぬ日々です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 刺し子の最高峰 | トップページ | 『心の糧』 »