2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« のろのろパッキング | トップページ | スカラ座に行くまでに »

2015年9月 2日 (水)

2015、ミラノ、トレヴィーゾ、ヴェネチアの旅(ミラノ到着)

まさかのことが・・・
005_2056_2


051

羽田発朝、八時五分のBAに乗るため、六時起き、夫に送ってもらう。

同行の彼女とほとんど同時にチェックイン、急なエンジンチェックとかで、出発大幅に遅れ、定刻を一時間半も過ぎて出発。
機内はほぼ満席だったが、近くに同行者がいるという安心感と、ときにはおしゃべりにも興じられる楽しさもあり、ヴェジタリアンの食事もおいしく、十時間以上があまりつらさも感じず、およそ四十分遅れでヒースロー到着。トランジットまで一時間二十分あるから、まあ、大丈夫かと思っていたら、地下に降り、電車に乗って二駅、セキュリティの場所がすさまじい混雑状況、長蛇の列遅々として進まず、あと二十分という、胸ドキ状態でようやく脱出、すでに始まっている搭乗行列の最後尾にかけこむ。
次の機内もまた満席、ここでも三十分遅れ、あとは順調にリナーテ着。

さてバゲージクレームの荷物なかなか出てこない。
同行者のは出てきたので、ほとんど同時チェックインだったのだから、そろそろかなと思っているのに、そうではないのにあせってくる。
これまでの旅行でも、もし荷物が出てこなかったら、という不安は経験したことはあったが、まさか、その不安が本当になってしまうとは・・・最後まで見届けたが、やはり出てこなかった。
胸がドキドキしてくる。

BAの遺失物カウンターに駆け込む。
おそらく次の便で来るだろう。ホテル名とアドレス、電話をたずねられ、着いたら、すぐ届けるから、と知らされる。
次の便とは十時半だそうで、それも確実ではないのに、二時間以上も待つことはできないから、ともかくホテルに向かうことにする。
大のTシャツと歯磨き、洗面道具入りの小型パックを渡される。

ミラノ駅前、ミラノなのに、名前はホテルニューヨーク、日本のビジネスホテルのような簡素さだが、バスつきなので、ほっとした。
同行の彼女は終始冷静沈着な対応、こんなトラブルもあるのね、と驚いてはいたけれど。

寝間着がわりのチュニックと綿ジャージのパンツを入れておいてよかった。下着はうっかり入れてなかったから、すぐ洗って、タオルで水気とり、ドライヤーでかわかす。
そして祈った、どうか明日スーツケースが届きますように。

« のろのろパッキング | トップページ | スカラ座に行くまでに »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

無事帰国。おつかれさま。
お留守中つつがなく旅が終わるよう祈っておりました。
トランク未到着の件、私も15年ぐらい前、アムステルダム経由でロシアに行った時、アムスでトランクが到着せず、空港のショップでTシャツと下着を買ったことを思い出しました。シルクのTバックのものしかなく往生しました。
パリでもつれの友人のトランクが届かず、数時間遅れでホテルに届きました。つれはすっかり意気消沈していました。
その後無事トランクは届いたのでしょ。旅のつづき楽しみにしています。

沈着冷静なパートナーさんで救われましたね。
くちこはきっとパニックになっています。
特に海外だとね。
飛行時間も苦にならなかったとは、若いなあ。
くちこは、いつも苦になります。。。
でね、安定剤飲んで寝ることに専念していますよ。
皆さんのブログを見て、くちこももっと鷹揚になろうっと!

どんなベテランでも、しょっぱなからこのトラブルではきっとご心配だったでしょう。
遅れても確実に着くかどうかも保証されていないし・・・。夫はヨーロッパ出張の時に
手荷物だけメキシコの方に行っていたようです。娘もイタリアで・・・。
トランジットの場合は要注意です。

ヴェジタリアンの食事ってあるんですね。
下着をすぐ洗ってドライヤー・・・は、さすがですね。
写真のイタリアの陳列、やっぱり垢抜けしていますね。


ayaさん
ありがとうございます。本当にお疲れさまの、状況でした。イタリアは日本より暑かったです。
あなたもご経験者でしたか、ロストバゲージの・・・意外と多いんですよね、皆さん思い出したくもない体験だったせいなのか、語られていませんが。
そう、下着、セクシー系が多く、私好みのオールコットンがなくて、困りました。でも駅の店で買った少し長めの、それは、すごく体にフィットして、はき心地満点、皮肉なものです。

くちこさん
パニックでしたよ、わたしも、ほんと・・・・
でも、しょげてるだけでは、ますます悪い方向になるのが、イタリアです。
暑いなか、しょっぱなから疲れさせられました。

ちゃぐままさん
わたしの夫もイタリアでひどい目にあった、経験者です。
ヴェジタリアン、どの航空会社のも満足します。みんなより、早くサーブされますしね。
ウインドウの飾りは美しいですが、店の賑わいはイマイチという感じもしました。

まあ、とんだことでしたね。私もけっこう初心者のころに一度、経験しています。ミラノからニースに飛んだら、ロストバゲージ。ツアーでしたので、あまりやきもきしませんでしたが、個人で行くようになると、なにがなんでもダイレクトに行ける便にこだわりました。
 旅にハプニングはつきものですが、いまとなっては、それも含めて懐かしい思い出です。

kikukoさま
そうですか、経験者でいらっしゃったのですね。
アリタリアにこだわっていらっしゃったわけがわかりました。
油断しきっておりましたので、ドッカ~ンのトラブルでした。
いま保険の「遅延」項目から請求する準備をしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« のろのろパッキング | トップページ | スカラ座に行くまでに »