2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« スカラ座『ラ・ボエーム』 | トップページ | ああ、トレヴィーゾ、トレヴィーゾ »

2015年9月10日 (木)

ナヴィリオ運河

この日はミラノから列車でおよそ一時間というクレモナに行く予定だった。
少し早めに朝食をすませ、フロントで列車の時間を調べてもらったら、思ったより直通が少ない。陽気がいいときなら、乗り換えがあろうが、何のそのだが、この蒸し暑さ、二人で顔を見合わせてしまった。
不慣れな場所に行ってうろうろするのが、とても億劫な気がする。

そして急きょ、予定変更、ミラノをゆっくり散策することにした。一番の目的地は、二人にとって未体験の場所、ナヴィリオ運河。
その昔荷物の運搬に利用されていた人工運河の名残りがいまや好感度の高いショップやレストランの人気エリアとなっている。
この暑さ、ローマのテヴェレ、フィレンツェのアルノ、トリノのポー川には及ばないとしても、水が見たい。

まずはヴィア・マンゾーニの贅沢なショップやエトロのアウトレットなどゆっくりのぞいてから、タクシーで運河へ。
人出少なく、豊かな水の流れ、とは言い難いが、視界が開けて癒される。021

でも陽射しいよいよきつく、日向は歩きたくない、日蔭の道を選び、レストラン探しをした。途中、テレビで報道されていた、昔の洗濯場の場所も視界に入れる。025

暑さで食欲なし、いつも日本ではお茶漬けか、おにぎりなどのわたし、幸い、ピアットウニコ(一皿料理)OKだったので、野菜だけの一皿、10ユーロ也を選ぶ。同行の彼女はしっかりパスタと前菜、それに白ワインまでオーダー、わたしはアイスティーだけ。彼女が来た甲斐があったわ、と料理を楽しんでいたので、プランを変更してよかったと思った。028


そこからトラムの停留所までしばし歩く、暑くなって、ジェラート店でデザートがわりのカップにかぶりつき、涼をとる。

コルソ・ジェノヴァというこじゃれたエリアで下車。東京の自由が丘的な場所。おしゃれなブティック、カフェなどが並ぶ。とりわけしゃれたカジュアルのブティック、デザイナーは?と尋ねたら、何と日本人とわかり、驚く。
その先にスーパーあり。ミラノ駅の方になかったもの、スパイスの袋入りなど見つかり、今買っておかねばと買い込む。
疲れた。
ドゥオーモに戻って、夕食用の食べものを買う。あまりおいしそうなものがない。結局ライスサラダのパック、こんなとき、最近できたというオムスビ屋に行きたかったが、同行の彼女に別行動したいという気力もないぐらい疲れていた。
すべては暑さのせい。

ホテルにブリッジパートナーのEがたずねてくる。そばのバールでしばしつもる話を。乗ってきた自転車があまり立派なのでほめたら、古いのが盗まれて買ったばかりなのだという。一般市民も治安の悪さは影響しているらしい。バールのひとが店内に入れていいですよ、と言ってくれた。
トレヴィーゾやヴェネチアの情報を沢山もらう。ヴェネチアのリド島でぜひブリッジをするようにすすめられたけど、果たしてその元気があるかどうか・・・

« スカラ座『ラ・ボエーム』 | トップページ | ああ、トレヴィーゾ、トレヴィーゾ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんなに素敵な旅の記事なのに、「コメント0」とは寂しいので再度コメントを!
クレモナは古代ローマで出てきました。ポー河も。気になるところだったので
変更されて私もちょっと残念・・・。
「急遽変更可能」が個人旅行の良さ。却って旅の醍醐味が増すと思います。

ミラノに運河があるというのは知りませんでした。どれくらいの長さでしょうか?
水辺は洋の東西を問わず心惹かれます。ヴェネツィアとちょっと雰囲気が
違うようですね。

10€の一皿。盛り付けが垢抜けしてます!
写真をl撮るゆとりがあったんですねo(^-^)o 緑のソースというのが食欲をそそり
ますが、ソースの野菜は何でしょう?

「昔の洗濯場」も心惹かれます。かつて絵や小説の題材となることの多かった
洗濯場。昔とはいえ、そこに住んだ人の日常を思い描がけて楽しいですね。

ちゃぐままさん
コメントの数まで心配してくださってありがとうございます。でもアクセスは500近くありましたので、驚きました。

中世の人々の生活物資の運搬に役だっていた運河、ダヴィンチも建設にたずさわったとか。戦後埋めたてられてしまったのがほとんどだそうですが、このカナル・グランデトカナル・パヴェーゼだけ残ったそうで、長さはトラムの一駅分くらい、と調べたひともいます。

料理はいろいろな野菜、ズッキーニ、ニンジン、あとフィノッキもあったかと・・・

洗濯場はテレビの人気番組、『イタリアの小さな村』に現在もつかわれている場所が出てきましたよね。、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スカラ座『ラ・ボエーム』 | トップページ | ああ、トレヴィーゾ、トレヴィーゾ »