2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 長すぎる『0.5ミリ』 | トップページ | ネコの試練 »

2015年7月24日 (金)

新国立競技場の計画撤回と渋谷駅

このところようやく各メディアを新国立競技場の計画撤回のニュースがにぎわすようになった。
もっと早くに取り上げられてしかるべき、話題だったのに、すでにほぼ60億という資金を無駄にしたあとの、いまごろになって・・・と、唖然とする思いである。
曽野綾子さんは産経新聞で、デザインコンペの審査委員をした人たちに、大きな責任があると主張している。審査委員長の世界的建築家はどうしてこんなに予算オーバーしたか「わからへん」などと、うそぶいているが、曽野さんのおっしゃる通り、「概算で実現性の有無を示すことも設計者の仕事」なのである。

この世界的建築家、安藤忠雄氏は渋谷駅のデザインもしている。
渋谷駅を利用すればするほど、東横線の渋谷が、いまや、ただの通過駅になってしまった、という変貌を嘆きたくなる。とりわけJRを利用して渋谷で東横線に乗り換えるとき、一番近い出口のエスカレーターが片道だけで、不便なことおびただしい。時間で動きが変わるらしいのだが、行きたい方向に動いていたためしがない。
長い階段を二階分昇ったり、降りたり、それを思うと渋谷経由を避けたくなる。東中野や大塚から、渋谷を経由するとき、ここで降りられれば、といつも思う。そしてあの奈落のような地下五階まで、階段も含めて、降りていくことを思うと、あの建築家の顔が浮かんでうらめしくなる。
安藤氏は渋谷を通過する交通手段を使ったことがあったのであろうか。外出はすべてハイヤーや迎えの車だとすれば、渋谷駅の複雑きわまる動線を把握することは困難だろう。

戦後、まだ玉電というトラムが走っていたころ、三軒茶屋に住んでいたので、渋谷は一番身近な繁華街だった。恋文横丁やロシヤ料理の「サモワール」が人気だったころから、頻繁にでかけることがあったので、渋谷の推移を記憶している。

結婚して東横線沿線に住むようになってからも、渋谷は新宿や銀座よりも好ましかった。
東横のれん街は買い物しやすく、外出帰りに夕食の惣菜を探すのにはこの上なく便利で、漬物などの副菜も親切にカットしたものが備えてある店もあり、親しみが深かった。
副都心線で乗り換えなしで行けるから、といって、伊勢丹でそれが代わりにはなれないことを実感した。値段も高いし、前述の品が見つからない。
東横のれん街はまだ存在するけれど、おそろしく遠くなってしまった。
高齢者をいじめているのか、と言いたくなるほど、渋谷はおかしくなっている。

安藤氏は、「使う人の心の中に残る駅」をめざした、と語っていたが、彼が自信をもってつくった地宙船とやらのイメージは、未だもって気付くこともないほどに、心の中に残ってなどいないのである。

« 長すぎる『0.5ミリ』 | トップページ | ネコの試練 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・相変わらずのご健筆、PCも早く直って良かったですね。今日の渋谷問題、全く同感です。65年井の頭線 東横線に乗っていたのに標識を探して歩くのに本当にいやに成りました。日吉、横浜野球の応援にも行く気がしません。勿論 年の所為も有るのでしょうが...
・日本の建築家たちは狂って居ます。丹下先生になってからおかしくなったのでしょうか?勿論、国民も無関心すぎるのか?
・言いたい事が有りすぎる世の中になってしまいましたね。僕らの責任も有るのでしょうか?
・僕のブログへのコメントは記事の右下の消しゴムの所をクリックするとコメントランが
でてきます。アクセス101000を超えました。でも、電子的友人が減ってきました。

Massyさま
ご賛同くださり、うれしいです。
井の頭ー東横はホント大変です。歩きがハンパじゃないですものね。
なんでこんなにヤヤコシくなっちゃったんでしょう。
有名建築家のデザインはすべてご無理ごもっとも、で通っちゃうからでしょうか。
高齢者の怒りは長い人生の裏付けがあります。
もっと声を大にして、語るべきでは、と思うこのごろです。
ブログなどやってるひと少ないので、怒りの声がうずまいているのはどこに出かけても感じるのですが、それが果たして世の中を形成していくひとたちまで、到達するのかと、・・・
ため息です。
Massyさまのご造詣深いブログ、不勉強なわたしにはコメント、ビビるばかりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長すぎる『0.5ミリ』 | トップページ | ネコの試練 »