2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 五月よ、いとしい五月よ | トップページ | 十年越しのスカート »

2015年5月29日 (金)

聞き耳をたてる

整骨院でマッサージをしてもらったあと、肩と腰に電気をかけてもらっていたら、隣のベッドの話し声が聞こえてきた。

>毎日通ってきていたら、おかげさまで歩けるようになってきたんですよ。
高齢女性の声のようだ。
施術師の男性が応えた。
>それはよかったです。きょうも全身マッサージしていきましょう。
>わたし、いくつに見えます?
>さあ~、八十五くらいかと・・・
>ずいぶん若く見てくれたわ。実は九十九なんですよ。
>へえ~っつ!
わたしも隣でへえ~っつ、と言ってしまった。
>とてもそんなにおみかけしません。
高齢女性はマッサージ師に問いかけた。
>あなた、高校出てからマッサージの学校に通ったの?
>いいえ、ぼく大学で生物勉強してから、大学院行ってそれからマッサージ始めたんです。
また、へえ~っつ、だった。
>そう、若い時はなんでもやってみることだわ。何かうまくいかなかったら、また別のことやってみたらいいのよ。若いんだから・・・わたしも洋裁、仕事にしててね、八十までやってたの。でももう、ダメ。無理するとあとがひびくの・・身体がきかなくなってはね、仕方がないわ。

わずか十分たらずのあいだに、二人のひとの特異な人生をのぞいてしまった気がした。
それにしてもこの九十九の女性が相手の言葉をしっかり聞き取り、当を得た応えをするのに驚いていた。
人の手によるマッサージは手のひらから、「気」も入ってくる。その効果は大きいのかもしれない。何よりもこういう会話ができて、するひと、されるひと双方の気分を高揚させてくれるのがいい。


« 五月よ、いとしい五月よ | トップページ | 十年越しのスカート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五月よ、いとしい五月よ | トップページ | 十年越しのスカート »