2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 大晦日のまえに | トップページ | »

2015年1月 3日 (土)

正月雑感

大晦日の年越そばは牧田文子先生のレシピ、「天吸い」にしてみて大成功。出汁2.5カップ、みりん、醤油半カップずつをまぜ、土鍋に入れ煮立てる。夫がハゲ天で買ってきたエビ、かき揚げなど揚げなおし、さらにゆでそばを用意しておいて、椀におつゆ張り、天ぷらとお蕎麦つけてフーフーいいながら食べたらあたたまり、かつ美味であった。薬味はきざみ三つ葉、ネギ、ゆずコショーなど。

元日の夜娘一家が来て、おせちがあと一日分残るだけとなり大売れ、おでんもお代わりしてくれて、これも好評。
オペラ友人にぜひ聴かせたかったCDのコピーの仕方を孫息子に教わる。メディアプレーヤーより、アップル社のITunesが絶対いいからといってダウンロードしてくれ、目にもとまらぬ速さでコピーしてくれたのだが、なんだかやり方複雑そう、今度一人でするとき、果たしてできるかどうか・・・

三日目おせちがもつかどうか怪しくなってきた。冷蔵庫にはあえて入れず、暖房なしの廊下においておいたのだが、昔より持ちが悪くなっているような・・・
この日はブリッジの初遊び、夫が焼肉の用意してくれる、と言うのでまかせる。
その日の朝、目ざまし、鳴らず、30分で支度し、夫に駅まで車で送ってもらう。
いつもの携帯でなく、オーディオのBOSEのマニュアルからセットして、大丈夫と思っていたのだが、ダメだった。
鳴るかどうか試しておかなきゃ、と夫に言われてしまう。このごろ、抜けが多いよな、とも。二つのことを一度に考えたりしてるからじゃないか、なんだかタラタラしているよ、と言いたい放題。でも素直にうなずいていた。

ご名菓が供されるので評判の東中野のクラブ、きょうは花びら餅が食べられる。
ゲームより、そちらが目的、ゴボウと甘味は異質の感じだが、これがなんとも口あたりのいい、やわらかな白い餅状の皮でくるんであり、確かに正月だからこその食べごたえあるシロモノであった。

帰宅してBOSEを確かめる。夜の7時に目覚まし鳴る。あれ~っと見たら、現在時刻がamになっていたのであった。

« 大晦日のまえに | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
今年も楽しく拝読させていただきます。よろしくお願いいたします。

生まれ育ちました京都では、お正月に必ずいただいた「花びら餅」。
忘れられないお味噌と牛蒡はいつもはんなりとした気持ちにさせてくれました。

Tacchanさま
新年早々のコメントありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
あの形状といい、お味の取り合わせといい、まさしく白みそが本場の京都生まれの銘菓なのでしょうね。
はんなり、というお言葉、辞書を見ましたら、上品で華やかなさま、と出ておりました。
納得いたしました。

失礼ながら・・・
くちこと同レベルかと。。。。
機械は苦手なので、時に子供と同居だったらなあって思います。
夫と二人では、知恵を合わせても解決しないことだらけです。
今年もよろしくお願いします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大晦日のまえに | トップページ | »