2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 女性の暮らしについて 1 | トップページ | ミス・マープル/復讐の女神 »

2014年8月30日 (土)

女性の暮らしについて 2

食のことあれこれ

料理のレシピを見ながらつくるのは、ある程度調理技術をおぼえたなら、だれにでもできることだろう。でも食材だけ見て、献立を思いつくには、かなりの調理歴がなければならない。それに何と何を組み合わせればよいかというセンスと、創造力も必要になってくる。

三十代でアメリカの地をふんだとき、巨大スーパーのあふれるほどの食材を見まわしながら、ガリバーの巨人国に来た小人になったような気がしたものだ。
何をどう購入したらよいのかわからない自分の無力さに打ちひしがれながらも、圧倒するほどの食の可能性に興奮している別の自分もいた。
キッチンの真ん中にそびえたっている巨大なオーブンにも、初めはおびえた。それに日本では手の届かなかったような高価な肉の塊がごろごろしていて、安価で購入できる。それなのに、すきやきやしゃぶしゃぶをしようにも、薄切り肉は売られていない。まだスライサーなども手に入らなかったから、包丁でそぎ切りにしなければならない。
ネギも大根もなかったから、味噌汁の具に困り、アメリカで日本料理をつくるのは難儀なことであった。
アメリカ料理の典型はキャセロールという、いろいろなものをぶちこんでソースをかけオーブンで焼き上げるというものだったが、トリを使うものが多かったので、トリ嫌いのいる我が家ではあまり作らなかった。
巨大オーブンが一番活躍したのは、菓子づくり、生地をのばし、型ぬきするという、フランス風とちがい、アメリカ式はスプーンですくって落とす、パイも層に重ねたりせず、ざっとのばしてふたをし、フォークをつきさし空気ぬきするワイルドなつくりながら、素朴でおいしいその味がすっかり気に入って、Better HomesやJoy of Cookingはページがぼろぼろになるほど読み込んで実践した。

会社の出張者に日本食をふるまい、ねぎらうのは、駐在員の家庭の役目だったので、和食を工夫してつくらなければならない。中西部なので、よい魚も手に入らず、メインはコロッケやカツなどにして、あとは味噌汁、浅漬けなどの漬物や酢の物を手作りしてもてなすことが多かった。

日本人社員家族の集まりも多かったし、子供の友人を招いてパーティをしたり、アパートの隣人を招いたりしながら、客料理はずいぶん慣れてきて、大勢を招くときは、ともかくメインの準備が完了し、デザートが出来上がっていると、あとは気も楽になり、スムーズに運ぶというこつも会得した。
一度招かれたら、必ずお返しの招待をするというのが礼儀で、日本人同士、現地人の知り合いや、友人との付き合いが、あまり苦にならないほどに、慣れてきていたし、あのころはやはり活力があった。若かったのだと思う。

いまは手製の昼食をふるまってくれた友人二人に、まだお返しができていない。
夫が留守になることが少ないから、というのは言い訳で、実は、客料理が果たして満足につくれるかどうか、自信も失せてきているのである。
それほどに毎日の献立も、一汁一菜がせいぜい、いい加減になっているのを意識するこのごろである。


« 女性の暮らしについて 1 | トップページ | ミス・マープル/復讐の女神 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  一週間アメリカ西海岸に行って来ましたが、あちらの主婦も手抜き料理がお得意という状況は変わっていないと思いましたよ。 外食もしていますし、家での食事は、デリで買って来たできあいも食べています。 Whole Foods MarketやTrader Joe's と言うオーガニックのスーパーが大流行り。東京だとデパ地下や紀伊国屋や明治屋で買って来たり、と同じでですね。  ただ、お家が広くて、テラスやダイニングルームが気持ちの良い空間なんですよね。  Martha Stuwart生活は憧れではありますが、夢のまた夢です。。。 あれはスタッフが多いですから。
  お年寄り(私も含めて)は手作りにこだわりますが、安全で美味しければ何処でも良いと思います。  友人は会っておしゃべりするのが楽しみですから、気軽なレストランでのランチもいいのではないかと思います。 御身の安全と健康と楽しみを第一に考えましょう。  因に、我が同級生とのランチは月一回のペースですが、もはや自宅でのおもてなしはしておりません。気楽で良いです。 

れいこさん
お励まし、ありがとうございます。
アメリカ人はアメリカ料理だけやってればいいので、楽ですよね。日本人は欲ばりというか、フレンチ、イタリアン、中国、ときに韓国、ベトナム料理までするんですから、厄介です。
マーサ・ステユアートは太りましたね。もうカリズマじゃないでしょう。それに大スキャンダルもあったし。
わたしの好きな友人はみんな料理上手で、学ぶところが多いです。

確かに以前に比べて、友人同士で外食をする機会が増えました。本当は大声でおしゃべりしても気兼ねのない「うち食べ、飲み」が好きなのですが、夫が在宅することが多くなり、友人を家に招く機会も少なくなりました。そこで考え出したのが個室のある和食屋さん、探せばあるものです。割合近くに3軒あり、平均予算はランチ2500円で、ほとんどは私が幹事やってます(汗)

LA近郊とインディアナポリスに9年近く住んでいた次女一家。毎年逢いに行っていたのですが、外食は不便でした。車で1時間近く行かないと美味しいものが食べられなくて・・・。日本食料品屋の魚も不味いので、孫たちは魚嫌いになって、夏の里帰りのときも北海道のお魚は違うといっても、ほとんど食べてくれなくて困りました。疲れ果てて焼肉屋に連れて行きました。

最近は手抜きが多く、朝ごはんもまちまちなので、3食完璧に作ることはありませんので、家庭菜園から、万事手造りにこだわっている友人には頭が上がりません(野菜もいただけますし 笑)。


alice さま
あなたが幹事役でいらっしゃったら、さぞかし、楽しい会合でしょう。うらやましいです。
私たちの年代ですと、そういう会合もちょっとむずかしくなりました。いつもみんなが体調良くというわけにいかぬことも多く、急に思い立って、明日、いかが、というほうがいいときもあります。

どこに行くのも車というのは経験ありますが、しんどいものです。そして一人旅の海外旅行も一度宿に落ち着いてしまうと食事に出かけるのは億劫なものですよね。
ま、いまの私にはもう、海外は遠くなってしまいましたが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性の暮らしについて 1 | トップページ | ミス・マープル/復讐の女神 »