2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« コサージュ・ブローチづくり | トップページ | 週刊レポート »

2014年7月29日 (火)

ひとりごはんの知恵

夫が夕飯を自宅で食べない日が月に二度ある。若いときは友人と外食したり、一人でも映画を観るついでに好きなものを一人ご飯するのを楽しみにしていたが、そういうときに呼び出す友人たちが今は足が悪かったり、夜は出かけないと決めてしまっていたりするし、私自身もひとりで映画観てご飯を外食するなんて、面倒になってしまっている。
それにこの暑さ、出掛けるだけで流れる汗に消耗度も激しい。

自宅で録画を観たり、積んである未読の本を読むほうが楽になった。

さてそんなときのひとりごはん。
イタリアのアペルティーボよろしく、ビールやワイン,飲みながら、おつまみ的なものを沢山食べ、ネットのブリッジトーナメントおよそ四十分、そのあと、お茶漬け、または納豆ごはん、プラスたっぷりの漬物、で済ますのが至福。
昨日のアペルティーボは、チキン手羽先開きに塩コショーして、庭のローズマリーたっぷりかけ、オリーブオイルまぶしかけて、十五分ぐらいオーブン強火で焼いたものと、あと枝豆、ポテトチップ、それにオカヒジキとトマトのサラダ。

サラダドレッシングの極め付きは、辰巳芳子さんのおかあさま、故辰巳浜子さんのレシピ、サラダオイル2/1カップ。酢4/1カップ、ニンニクつぶしたもの、に、酢だけお玉に入れ、ガスの直火で沸騰させ、オイルとニンニクのうえにかけ、溶きがらし小さじ半分、あと、塩小さじ半分、コショー、砂糖もぱらりくらい入れ混ぜる、というもの。

我が家は朝が和食ではないので、納豆とかノリ、玉子かけごはんなど食べる機会を逸してしまう。
夏はアペルティーボあと、この和食の朝ごはん的食事が手もかからず、おなかにちょうどよいような気がする。

先日、ブリッジのトーナメントで一日出たとき、帰り、ディーン&デルーガで、チキンコンフィーとわさび菜のサラダ、シチリア風カポナータ、グレープフルーツとチェリーのデザート買って食べたが、これは我ながらいい取り合わせでおいしかった。
夏は出たついでにおいしいものをテイクアウト、この選択をもあやまらないようにしたい。

« コサージュ・ブローチづくり | トップページ | 週刊レポート »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コサージュ・ブローチづくり | トップページ | 週刊レポート »