2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 独善ディナー | トップページ | 刑事もの、大好き »

2014年6月25日 (水)

クセになる味

近頃、甘いものはもう食傷してしまったのか、あまり食べたいと思わない。それでも、紅茶やコーヒーを飲むときのお茶うけは欲しい。なにか、もっと自然な味で、くせのないものはないのか、と探していたら、美容院の雑誌に、これは、というレシピを見つけた。
噛むほどに小麦の味が広がる「全粒粉のビスケット」オズボーン未奈子さんのレシピ。
材料
1.全粒粉  80g
  薄力粉  30g
  アーモンドパウダー  30g
  洗双糖  大さじ3
  塩    小さじ1/2
2. 植物油  大さじ1
3. 豆乳   1/4カップ
4. レーズン 40g

まず1の材料すべてを泡だて器で混ぜ、塊がなくなったら、2をくわえ、手でつかむように混ぜ、そぼろ状にする。
3を加え、練らずに混ぜ、4を加え、練らずに混ぜ、生地をオーブンシートの上で5ミリに伸ばし、あらかじめ好みの大きさにカットして、180度Cで20分ぐらい焼く。

これ、『おもてなしの定番』という聞きなれない雑誌に載っているものだが、この美容院、オーナーがインテリアや、料理に趣味のある、センスのいいひとなので、内容を確かめて購入したものと思われる。

さて出来上がりだが、ほんと、噛めば噛むほどに甘さひかえめ、自然な味、おいしい。ついつい、手が出て、食べ過ぎてしまうほど。

ケーキ、クッキー、パイ、タルトなどずいぶん手製にはげんだけれど、最後にこういう単純なものに行きつくとは。

夫は香ばしい臭いを嗅ぎつけてやってきたが、超甘好きの彼としてはお呼びでなかったらしい。ちょっとかじっただけで出て行ってしまった。

« 独善ディナー | トップページ | 刑事もの、大好き »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしながら「洗双糖」なるものを初めて耳にしました。
なかなか手に入らない砂糖みたいですね。黒糖でも代用ができるのでしょうか?
全粒粉とアーモンド粉を買わないと在庫はありません。
このレシピを見ていると、ティータイムというよりもパンの代わりになりそうですね。

ちゃぐままさん
実はわたくしも洗双糖なるもの、知りません。きび糖で代用してOKでした。要は白砂糖を使わないことです。
できあがったものは、ちょっと甘いクラッカーのようなもの、今度でつくるのは三回目、気に入っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 独善ディナー | トップページ | 刑事もの、大好き »