2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 見つけては歩く | トップページ | クラフトフェア松本へ »

2014年5月21日 (水)

バッグの変身

今から四十年まえ、四年間のアメリカ生活では、洋裁や手芸をすることが多かった。
とりわけ手芸はkitと称して、教材、部品が一揃いになっているものが充実していたので、よく利用した。
帰国するとき、北欧のデザインのバッグkitを買い、持ち帰ったのだが、忙しくて、作るひまがなく、手芸の腕の確かな母に頼んで仕上げてもらったのが写真のこれ。001

002

ところが当時は持ち手が手提げ風の木製で、使い勝手がよくなかった。
この作品にはわたしの好きなグリーンや紫が入っているので、使いたくて、持ち手の代わりにひもを通して、ショルダーバッグにしてみたりしたが、なにかぴったりこないままになっていた。

今なら、もっと持ち手のアイディアが豊富になっているのではないか、と、先月、ふと、ユザワ屋に出かけてみて見つけたのが、写真の、合成皮革のグリーン、針も通りやすく、四か所表、裏と返し縫して、中にはマグネットタイプのボタンを縫いつけて、四十年ぶりに満足のいくバッグに変身した。

母が一針一針、心をこめ刺してくれた刺繍を見ながら、あふれる感謝をおさえつつ、軽くてしかも収容能力も十分なこのバッグ、このところ出番がおおくなっている。

« 見つけては歩く | トップページ | クラフトフェア松本へ »

手芸」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

お邪魔します!

すごいですね!

綺麗ね

素敵なバッグです!
幾何学模様と色がやはり北欧の感じです。行ったことはないけど、
テレビで観る北欧の空気感が出ています。
cannellaさんのアメリカでの思い出をお母様が紡がれて、なんと素敵な
デュオでしょう。お孫さんにも受け継がれていったらいいな~と思っています。

持ち手がいいですね~。頭脳が活発ですね~。こんなアイディアを生み出した
ことに遠くから拍手を送っています!

幸奈さま、ちゃぐままさま
コメントありがとうございます。
手仕事されたものを、日常に使うと、それをした人の心をいつも感じられるということで、とても豊かな気持ちになります。
古いものですが、これに関しては古さを感じません。
図案のセンスがモダンだからでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 見つけては歩く | トップページ | クラフトフェア松本へ »