2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 五月の奈良 | トップページ | 『グレート・ビューティ/追憶のローマ』 »

2014年5月 5日 (月)

続、五月の奈良

今回は神社、仏閣を見るのが目的ではなかったけれども、奈良町歩きの途中で立ち寄った戒壇堂は、東大寺の裏手にある、風雅なお寺であった。八世紀に建てられた僧侶の受戒が行われたという由緒あるところ、内部に収められた四天王は天平時代の傑作であって、それぞれ表情も異なり、仁王さま、おなつかしや、と堪能した。010

011

012

奈良町の店に置かれている奈良公園のマップはウォーキングマップと表題がついているように、奈良は交通の便が、いまひとつ、まさしく歩くところ、足が丈夫でなければ楽しめない。

その、足であるが、わたしの足はかなりよくなっている。どの靴にも必ずインソールを装着するので、足指の痛みはほとんど感じない。入浴するとき、まめにふくらはぎをマッサージしている効果があるのかもしれない。血のめぐりをよくするということは足指の状態にまで影響するようだ。

I子さんの作品展示会は近鉄の高の原という駅に近いギャラリーであるので、急行で十五分くらいの、近鉄奈良駅そばの『ホテル花小路』に一泊した。朝食込で八千円ちょっと、バス、トイレ、ガウン風のねまきもついているし、窓の外は隣のビルが視界をさえぎってはいるが、商店街中ほどにしては騒音がない。夕食には出来立ての柿の葉寿司を買っておいたので、ホテルまえのスーパーで野菜の白和えの惣菜とカットメロンを買い足し、自室でお茶を入れ、おいしく食べた。
朝食は幕の内弁当のようなお重の中に惣菜が入った茶がゆセット、味にはちょっとがっかり。素泊まりにして、宿のそばにあるカフェで食べたほうがよかったかも、と思った。

駅から十分ぐらい歩くのをいとわなければ、ほかの宿泊場所、料理がおいしいと評判のホテルサンルート、学生気分を味わえる、国際セミナーハウスなどがある。
奈良町歩きのためだけなら、このどちらかのほうが、適しているかもしれない。

奈良ホテルは一度泊まってみたいところだが、新幹線チケットとセットの場合、二名以上とあって、一人旅は不利になっている。

« 五月の奈良 | トップページ | 『グレート・ビューティ/追憶のローマ』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
いつも楽しく拝読させていただいてます。 
奈良の街は魅力に溢れていますけれど、おっしゃる通り交通の便がねえ~
結局、歩きまわることになって、2万歩ほどあるきます。
戒壇堂は何故か記憶に残っていますし、その辺りの風情がとても好きです。
又、行きたくなりました。

tomokoさん
読者でいてくださってありがとうございます。
交通の便、やはりそう思われましたか。
二日目のランチの場所はさらに郊外、野菜中心、お味も雰囲気も申し分のない場所でしたが、そこも車がないと行けないところなのです。高台にある、森の中の、比較的新しい素敵なホテルも、やはり車で行くところでした。
足がなんとか大丈夫なうちに、奈良町散歩だけでも、また訪れたいと願っておりますが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五月の奈良 | トップページ | 『グレート・ビューティ/追憶のローマ』 »