2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 続、一刀彫のミニ雛 | トップページ | いつかは起こることが・・・ »

2014年3月 9日 (日)

コメシルナ

日曜日、最寄りの駅の広場に小さなマーケットが開店準備していた。
手作りのパンやケーキ、野菜、リサイクルの衣類などのほか、その日は玄米食を食べさせるテーブルが出ていた。
営業時間を訊くと、四時までやってます、ということだったので、教会の帰りに立ち寄ることにした。

ところが、かけつけてみると、あいにくの氷雨で客足がとだえている。
楽しみにしていた玄米食は味噌汁も、チキンや味付け玉子など、ほとんど残っておらず、玄米ご飯を二食分と残っていたわずかなチキンと味噌汁をカップに入れてもらって持ち帰った。
味噌汁は煮すぎて、ちょっと酸っぱくなっています、と恐縮されたのだけれど、帰宅し、早速食べてみると、いろいろな野菜が入っていて、上に青菜のリーフがのせてあり、玄米ご飯と大層合うのである。ご飯もこれが玄米かと思われるほど、くせがなく、なんともいえない風味がある。チキンもあっさり、蒸し調理のような仕上がりで、ご飯にぴったりの味、おいしくて、おいしくて、本当にがつがつ食べてしまった。何だろう、このおいしさは?

マーケットの管理者をつきとめ、出店主の電話番号もらって、電話をかけ続ける。
夜、ようやく通じた。『コメシルナ』という、車にカマドを積みこみ、薪を燃やして調理する移動式カマド店舗、なるほどおいしいわけである。
電気釜で炊く玄米ご飯にも、市販の玄米ご飯にも出せない、微妙かつ忘れがたいこの味を察知した、自分の食い意地をこれほど意識したことはない。

最寄駅の広場では車を駐車させてくれないので、調理と配膳に苦心したらしい。
この次、店をだせるかどうか、わからないというので、わたしは彼の出没する、淡路町や谷中まで出かけようかと、スケジュールを知らせてもらうことにした。
ネットの感想もおいしい、おいしい、の連発。

みんなの求める本当の美味とは凝りに凝ったご馳走なんかではなく、ご飯とお汁を昔ながらの調理法でつくった素朴な本物の味なのではないか。

日本人だからこそ味わいたいという、あまりにも大勢のひとの舌がまだ健全であったことに、うれしい驚きを感じた。
(コメシルナ次の出店、3月28日(金)11時からワテラスマルシェ・・淡路町)

« 続、一刀彫のミニ雛 | トップページ | いつかは起こることが・・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

今晩は お邪魔致します。
たまたま 出会われた玄米ご飯の美味しさを どこまでも どこまでも追及されている  一途な食いしん坊の一面を 大変嬉しく 拝読させていただきました。
最高です! 同感です!  
ご飯の美味しさと共に 何だか 元気一杯を頂きました。
ごちそうさまです。  

じゅんさま
共感してくださり、うれしいです。
『コメシルナ』さんがブログを見てサンキューメールをくださいました。
「てま、ひま、原価を惜しまず、妥協せずに作った甲斐がありました」
いまどき、めずらしいです。こんな方。
目に見えない努力が醸し出す味の極意というものを、知った思いでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続、一刀彫のミニ雛 | トップページ | いつかは起こることが・・・ »