2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 『カテリーナの旅支度』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

2014年2月 1日 (土)

76歳のクラス会

クラス会というのが、苦手である。
かつて一緒に学んだなつかしい人たち、と言えばそうなのだが、わたしは学生だったころの自分より、卒業後の自分のほうが好きなのである。
卒業後にあまりにもいろいろなことがありすぎて、学生時代の記憶は、頭の中からはみだして定かでない部分もあって話の輪には入りにくいときがある。とても楽しかったクラス会という経験もあまりない。心にしみる語り合いをしにくい場所でもあるせいだろうか。

ある女子大の付属小の六年から大学まで11年間を過ごしたので、小学校、中学校、高校、大学と四種類のクラス会があるのだが、そのうちで、一番行く気になるのは、中学のクラス会である。中途入学の小学校は新しい環境に慣れる苦労ばかりで楽しい記憶が乏しい。中学は半分が新入生だったから、新鮮な気分で、いい友人もでき、のびのびした学生生活を過ごせた。

その中学のクラス会の幹事役、何十年も逃げていたのだが、とうとう引き受けざるをえなくなった。相棒のTちゃんは学生時代を目いっぱい謳歌したせいか、その記憶力たるやすさまじく、話上手なひとなので、エピソードを語り始めると、つい聞き惚れて、笑っているうちに半日たってしまうこともある。人生のある一時期の思い出をこれほど大切に鮮明に抱えている人もいるのだ。わたしの場合は65歳すぎてからのイタリア一人旅の記憶だけは未だ鮮やかに語れる。

一人娘だったTちゃん、印刷会社のオーナーだったお宅の跡を継いで、一時は頂点にたっていたひと。
でもパソコンなど全くしないので、入力やら、名簿の整理やらは、わたしの役目である。
彼女、足もとも危ういときがあるので、会場探しも、わたしかな、と思っていた。
だが会場の決定がむずかしかった。築地『たむら』銀座『ざくろ』目黒『八芳園』どこも駅から徒歩五分以内なのだが、お味がね~、と彼女、首をかしげる。
これぞ、というところ、内に秘めていたらしく、その名をついに口にした。
『東京会館』
なつかしい場所である。クッキングスクールもあるので、わたしたちの花嫁修業時代、そこを利用したひとも多い。「あそこのコンソメは天下一品!」彼女はうっとりしながら言う。
係りのひとの名刺さがしとく、そう言ったあと、二人で下見に出かけ、そのコネのあった係りのひととの見事な応対で、すべてがスムーズに決定。
銀座の超一流の老舗、コンソメ、サラダ付、ランチ6000円なりで決定。それを前幹事に報告したら、スゴイとこ決めたわね、とびっくり仰天していた。

でしゃばらないけど、こちらの出方を見てから、決定打を出してくる、Tちゃんに感心した。彼女、四月からハガキが値上げすることもしっかり把握していて、切手はるの、面倒だからハガキ買うのは四月ぎりぎりにしたほうがいいとアドヴァイス。

幹事のなり手がいないから、まだ幹事役してないひと名簿からチェックしとこうか、というと、なり手がいなかったら、今回で終わりでいいじゃん、残ったお金は同窓会に寄付って手もあるし、といい提案をするのである。

確かに、来年、『東京会館』はこわされてしまう。今回がラストチャンス。
Tちゃん、ありがとね。クラス会楽しみになってきたわ。


« 『カテリーナの旅支度』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんですか。
来年、東京会館こわされるのですか。
大学(京都です)の東京支部同窓会で2~3回利用したことがあります。
先輩の土井たかこ女史を迎え講演等も開催いたしました。
それぞれの思考等は別におき、おたかさんも女学生に戻っての楽しいひと時でした。
東京会館は皆様から頂戴する会費の設定しやすいお値段で、窓越しに皇居の緑がみえ素敵な会場でした。Tちゃんさまの発想は素晴らしいですね。
毎年会場と講師を招いての準備は頭の痛い同窓会なんです。予算が限られていますし、若い人たちの参加を増やしたいと思っているのですが・・・。なかなかです。
cannellaさまのクラス会が盛会であることをお祈りいたします。

女子校の同窓会の決定の仕方がよくわかりました。皆お嬢様だったのですもの。
過去の栄華を夢見ますよね。
私なんて共学校だったから、高校の同窓会は毎年1回幹事さんから案内が来ます。幹事もやったことはあるけれど、何といっても男子先行、男子優先だから新宿の飲み放題のビヤホールが定番の場所。だんだん足が遠のきます。
まぁ、楽しんで下さい。

Tacchanさま、mochakoさま
コメントありがとうございます。
会社人間だった男性には東京会館のバーはとりわけ憩える場所のようです。
わたしにはあまり親近感はなかったのですが、久しぶりに食べたランチの味は懐かしさを満足させてくれるものでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『カテリーナの旅支度』 | トップページ | 『鑑定士と顔のない依頼人』 »