2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 真央ちゃんがくれたもの | トップページ | 室内で咲く »

2014年2月25日 (火)

忘れられたくない日

二月四日のわたしの誕生日はさみしいものだった。二二んが四、でおぼえやすいのに、節分の翌日のせいか、なぜか忘れられることが多い。前日、娘が何かほしいものある?と電話してくれ、図書券を頼んだけれど、当日は来なかった。夫は覚えてくれていて、欲しいものあるかい?と訊いてくれたので、レストランでおいし~いもの食べたいと言ったら、行こうと言ってはくれたのだけれど、あの雪、あったかくなってからね、ということになってその日はうな重の出前で終わりとなった。
アメリカ人の友人二人、いつも覚えてくれていた彼女たち、一人は亡くなり、もう一人は認知症。
孫たちもメールしてこなかった。
なんだかさみしく終わってしまった、と夫にうったえたら、もう誕生日なんか祝ってもらったって、うれしい歳じゃないだろうが、冥土の旅の一里塚なんだから、と。
まあそうなんだけどね、でもわたしだけの特別な日なんだもの・・・

今週になって、ようやく娘と孫息子が訪ねてくれた。孫娘はこの最後の週から四次に渡る受験をひかえているので、留守番。寄せ書きしたきれいなカードとプレゼントをもらう。
孫息子に会うのが久しぶりだったので、バイト、どうなの?と訊いたら、いろいろ話してくれた。

レジにいるといろいろな体験をするという。品揃えが悪いと文句ばかり言うひと。いつもお財布忘れてくるおじいさん、千円だけはもっている。沢山買うので、カゴからいろいろ出して千円分にしなければならない。障害のある少年も来る。何を言いたいのかよく聞きとって相手をしなければならない。
先日、その少年が母親を伴ってやってきたのだそうだ。お母さんからこう言われた。この子ね、ここに来るのがとても楽しみなんですって。あなたが楽しく相手をしてくださるからよ。これからもよろしくね。

わたしはウルウルしてしまった。孫の三歳のとき父親が亡くなり、数年は問題児で、ぼくなんか死んだほうがいいんでしょ、などと言ってよくとびだしていくことがあったのだ。

きょうの一番のプレゼントだわ、わたしはそう言って、こちらが何かもらう日なのに、ついお小遣いをはずんでしまった。

« 真央ちゃんがくれたもの | トップページ | 室内で咲く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お孫さんのバイトでの話、とっても心にしみて
私もうるうるときました。

素直に人に接することがこんなに人を幸せにし、
心が通じ合って自分も幸せになる・・・。いい話です。
人の心がわかるように成長されていたんですね。

私も同じようにプレゼントをもらうよりは、こんな
いい話を持ってきてくれる方を選びますよ。

ちゃぐままさん
共感のコメント、感謝です。
いつも貧乏なシングルマザー家族ですが、それだけに生活するということはどんなであるかを学ばざるを得ないようで、一生懸命努力していれば、神さまがときどき思いがけないプレゼントをくださるということを体験しているのを、知って、ちょっと安心しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真央ちゃんがくれたもの | トップページ | 室内で咲く »