2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 芸術鑑賞と散策の日 | トップページ | 認知症に勝つ »

2014年2月16日 (日)

雪害いろいろ

雨戸を開けたら、景色が一変していた。モッコウバラの柵が前に倒れてしまっている。
植木屋さんに電話で事情を話すと、柵が腐りかけているのかもしれない。応急処置として、隣との境のフェンスに結びつけるしかない、ということだったので、『ベンリー』という近くの便利屋業に電話したら、昼過ぎに来てくれることになった。

キッチンの窓からお向かいの奥さんが雪かきしている姿が見える。週に二度くらい通いのお手伝いさんが来るお宅である。十五段ぐらい階段があるので大変そう。ふりむいた顔が真っ赤。階段の雪かきはとてもやりにくいものだ。しかも手すりなしの階段、階段横に駐車してあるベンツが出せる状況になるまえに断念したようで、高齢化しているご近所、雪かきに苦労している様子を目の当たりにした。

夫は先週も雪でお流れとなった麻雀会、大学時代の友人たち、きょうは何が何でもやる、ということで、完全武装で出掛ける後ろ姿に声をかける、屋根からの雪に気を付けてね。

またトリノのブーツ、シアトルで買ったリュックしょって、買い物に。
紅玉リンゴが6個で450円、思ったより安い。パイが焼きたくなって買った。トマトの水煮缶、伊予かんも二個、かさばるものばかりだけれど、リュックだと楽なのでつい。

道路の雪は溶けかけていて、かえって足をとられそうになる。歩幅を小さくして、慎重に歩く。

『ベンリー』は時間どおりやってきた。一時間3150円だが、二人がかりで柵を起こしてくれて、二人分の料金とられそうになる。寒いときでなかったら、夫と二人してできそうな仕事だけれど、仕方がない、高齢者の非常時だから、とあきらめそうになって、待てよ、もらっておいたチラシ確かめ、ここに人数分の料金なんて書いてないじゃない、
しかも、材料もうちのアサヒモ使ったんだし、6300円なんて取り過ぎよ、と主張して、3150円の支払いとなった。
セコいバアサン、がんばるの巻。

« 芸術鑑賞と散策の日 | トップページ | 認知症に勝つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雪国でない地方の積雪はパニック状態になりますね。
ニュースで見ていると、ほとんどの人が普通の靴で
歩いているようなのでびっくりしました。

りんごと缶詰と伊予柑、リュックも重たかったでしょう!
今年はスノーブーツが大活躍ですね。
紅玉は時期外れですが、私も見つけて買いました。
なぜか紅玉を見たら買ってしまいます。

そうそう、便利屋さんの件、ためになりました。
小さなチラシが、裁判の弁護の証拠になりましたねo(^-^)o 
文章をきっちりと読みこなす「弁護士」の能力があってこそですね。

我が家もこれからお世話になることが多くなりそうです。

ちゃぐままさん
そんなに褒めていただくと恥ずかしいです。正義感が強すぎるだけですから。
大雪の後遺症が高齢者に蔓延しているようです。
軽井沢の雪害が心配ですが、報道が少ないのです。
夏でも交通不便な別荘地、あの雪では、さぞ、と思うのですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術鑑賞と散策の日 | トップページ | 認知症に勝つ »