2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年元旦 | トップページ | びっくり映像 »

2014年1月 6日 (月)

『軍師官兵衛』

大河ドラマは映像で歴史をてっとり早く学べるという利点がある。
『八重の桜』も最後まで見たので、『軍師官兵衛』も見てみようかと、BSの六時からのをつけたら、もう始まっていて、最初のキャストの画面を見損なってしまった。
スムーズな出だしだったが、語りがヘン!あのかしこまったような、大時代がかった、ばあさんの声だれなんだ? どこかで聞いたような声だが思い出せない。
これまでの、宮本信子、草笛光子、みんなヘンに芝居がかった大げさな語りで不自然だったけど、なんで大河ドラマだとああなるんだろう。ずっと前みたいにアナウンサーがするほうが、妙に目立たず、自然で、邪魔にならなくていいと思うんだけど。

あとでキャスト確かめたら、藤村志保だった。あのひとは元々、あまり声がいいというわけではない。年取ると、ましてや声に年齢があらわれるものだ。今回の語りはミスキャストだなと思った。

それと、信長、秀吉、なんか年取りすぎている。ま、あの役の柄ではあるけれどちょっとイメージがずれている感じ。

乱世のころのドラマは戦闘シーンを見るのがつらい。馬が可哀そう、だからそこだけ目をつむることにしている。

どうしても見たいというドラマじゃなさそう。NHK観なくてもこのごろ、ムービープラスがいいのを沢山出している。とりわけ日曜は、録画が忙しい。

今回の大河、早くもや~めた、になってしまった。

« 2014年元旦 | トップページ | びっくり映像 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

軍師 勘兵衛・・・私の住んでいる岡山も係わりがある人なので、楽しみにしていました。
ところが、あの変なナレーション! 一体誰? って。同じ思いで最後に確かめました。
今日も友達とその事が話題になりましたし、とっても変ですよね~
ドラマはもうちょっと見たいと思っているのですが、毎回あのナレーションを聞くのかと思うと、気が重くなりますね!

tomokoさん
岡山にいらっしゃるんですね。いま内田百閒氏の作品に夢中です。
さて、ナレーションという言葉、忘れていました。
このごろ最適語を思い出すのに、四苦八苦することがあります。
今回の大河、あのナレーション、まさしくミスマッチですよね。
そう思うのわたしだけじゃなくて、ほっとしました。

《今回の大河、早くもや~めた…》なんですんね。

私は福岡に住んでいながら黒田官兵衛の名を知ったのは
随分あとなんです。
地元を知ろうと司馬さんの「播磨灘物語」、火坂雅志、葉室麟など
それに関する本を7冊読みました。

官兵衛はクリスチャンで、クリスチャンネームも持っていました。
物語を読んでいてクリスチャンの心と行動を感じますが、それをことさらに
取り上げていないのを不思議に思います。
たぶん徳川の禁制で「黒田家譜」にも書けなかったのかもしれません。
でも瓦の模様や、合戦の時の旗には十字が書いてあるのです。
如水だってヨシュアからきているという説もあります。
この辺のところをもう少し知りたいと思っています。

ちゃぐままさん
これだから、歴史はいつまでたっても弱いままです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年元旦 | トップページ | びっくり映像 »