2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月に作成された記事

2014年1月27日 (月)

『カテリーナの旅支度』

今年になってテレビ番組はあまり見るべきものがないので、読書がはかどる。

ずっと読み続けたのが、内田洋子著『カテリーナの旅支度』。エッセイ集なのだが、一篇一篇まるで短編小説を読むような満足感が得られる。イタリア在住30年という著者の確かな観察眼と、天性の表現力とで、物語性が際立ち、引き込まれる。
改行が多く、スペース豊かなページは読み続ける目を楽にしてくれる。一方、あまりにも多い余白に、作品の語り手でもあり、登場人物との会話の聞き手でもある著者はどう感じ、どう思いめぐらし、どう自身の生活に関連付けているのかをもっと知りたいという思いにも駆られる。

『ハイヒールでも届かない』の主人公は南部出身の弁護士の妻、娘を上層階級の子女が通うミッションスクールに入れ、背の低さカバーするため、常に10センチのハイヒールをはいている。あまりにも夫が理想とするハイソサイエティの妻のイメージに忠実であろうとする彼女になにが起こるのか、それを見つめる著者の深い思いももっと知りたい、とわたしは思ってしまった。
わたしのように、イタリアには旅人として何度も通ってさえ、頭にうずまく思いがあふれるほどなのだ。滞在許可証を更新しつづける彼女、それを30年も続けているのであれば、どれほどの深い感慨を抱いていることか、と想像してしまう。
 
『ヴェネチアで失くした帽子』は彼女自身の体験をつづったもの。ヴェネチアを異国の中のさらに異郷だと表現し、そのただごとでない気配、どの風景もこの世のものとは思えないはかなさをたたえているという、描写に胸を打たれた。そこに住もうと決心して真冬に家探しを試み、見て歩いた家の数だけ失望する。ああ、イタリアの現実とはこういうものなのだろう、と納得がいったが、ふと思いついて、須賀敦子さんの『ヴェネチアの宿』と読み比べてみた。
須賀さんのこの作品は彼女の感情、思い、体調のことまでが、実に生々しく描かれている。余白の少ない、重みのある文章がびっしりと詰まっている。わたしより十歳上の須賀さん、内田さんはわたしより二十歳下、その年代の差なのだろうか。

とはいえ、三十年イタリアに暮し、三年ごとに引越をし、古い帆船に住んでみたり、人里離れた山奥に暮らしてみたり、スカッパナポリにまで住んだことさえがあるというこの若さあふれる五十代の彼女、あっけらかんとした人生の旅人、自分の世代では持ちえないエネルギーと才能にあふれたこの女性に羨望をこめた希望を託し、彼女のほかの作品を読みあさりたくてたまらなくなっている

2014年1月23日 (木)

美味談笑

二年ぶりの食事会である。八年まえのイタリア語のクラスで知り合った、KさんとTさん、ふたりとも五十代の独身女性、Kさんは会社勤務の仕事のほかに革細工の副業をしていて、サイト(kig-hama)も立ち上げ、順調である。Tさんは公務員、もう幹部の地位らしく、イタリアやフランスへよく一人旅している。
新橋のSL広場で待ち合わせ。早めに着いたので、あたりを散策、昔アメ横みたいな店が並んでいた、新橋ビルがいまは、マッサージなどの店も多く、飛び交う言語が中国語で空き店舗ちらほら、なんとなく不穏な雰囲気。外の通りもパチンコ屋、ヤマダ電機、マツキヨなど、ウインドショッピングに向かない店ばかり。変わったものだ、新橋も。

きょうの目的地は飲み屋街の奥、ビストロ風、イタリアレストランOKE’I’、おいしいところを探して予約をとってくれる幹事係はいつもKさんで、その選択の確かさにあっと驚くのだが、きょうもそう。

お店はこぎれい、とは言い難い、雑多な感じだけど、じつはこういうところに味が絶品というところは多い。
メニューもKさん主導のオーダー、前菜の盛りあわせ、タコマリネ、紫キャベツのサラダ、フレンチ風パテ、生ハム、ペコリーノチーズなど、あと生ガキ、鴨ロースト、マッシュルームのフリット、それにピッツア二種、ゴルゴンゾーラのパスタ、彼女たちはプロセッコーを一本空け、わたしはランブルスコのグラスワインをちびりちびり。
いや、おいしかった!!あとエスプレッソかけアイスたべて、合計一人4200円ちょっと。あの味でこの値段、安かったと思う。

一人旅の苦労、足の痛みを防ぐ靴や中敷き情報、わたしの話、結構役に立つと耳を傾け、メモとってくれて、張り合いがあった。

昔、アメリカで、いまのわたしくらいの年齢のアメリカ人女性、ジェーンがI am still useful.とうれしそうに言っていたのが印象的だったが、わたしの今もそういう気持ち。
いつまでもusefulでいたいと思った。

2014年1月21日 (火)

食べ物思案

ときどき夕飯、なにもしたくないときがある。

ゆうべもそういうとき、いつもならピザとらない?ということになるのだけれど、翌日がイタリア語クラス時代の若い友人たちと、ピザレストランに行くことになっているので、その日はなし。

さて、ありあわせで何食べよう、ということになった。夫はオレ、そば食いたいから買ってくる、と出ていったので、さて、さて、さて・・と考えて、いま自分はなにを食べたいのか、それが、これっつというのが浮かばない。昼は前の晩の鍋スープで雑炊だったので、日本食はパス、作り置きのトマトソースがあるので、いつもなら、ペンネなどのトマトソース和えにするのだけれど、翌日の食事会のこと考えて、それもパス。

インスタントのものはめったに食べないが、塩ラーメンは割合好きで、白菜、もやし、ニラなど入れてつくると、タンメンみたいで結構おいしい。だが、きょうはちょっとそういう気分じゃない。

なにをするのも面倒な気分でもやはり満足いくものを、というこだわり捨てられない。

ううむ、なにかクリーミイなもの食べたい、ふと思って、冷蔵庫かきまわし、ホウレンソウ、玉ねぎ、エノキ見つけて、グラタンつくる。オリーブオイルでいため、バター加えて、ホワイトソースつくり、イタリアのブイヨンまぜ、パルメジャーノいっぱいふりかけ、オーブンへ。あとは買いおきのサラミと、自家製ピクルス、ワインとパン。

ありあわせのグラタン結構おいしく、戻った夫、オレもグラタン食べたかった、などというので、悪いことしちゃったと思ったが、後の祭り。

日本人は日本食だけじゃなく、中華もイタリアンもフレンチも、レパートリー多いなかからきょうのメニューを考えるのだから、日本の主婦は世界一、面倒なことしているんじゃないか、と思う。

イタリアンだけなら簡単なのだ。いつもキッチンだってきれいにしていられるのに、ああ!!


2014年1月17日 (金)

もっと泳ごう

一月三日の朝日新聞の『ひと』欄に99歳で水泳の世界記録を11個持つ、長岡三重子さんが紹介されていた。
なんと80歳で生まれて初めてプールに入ったとのこと。現在練習は週3~4回、自宅近くの温泉プールで1キロも泳がれるとか。

確かに泳いだあとは気持ちがいいけれど、こう寒い日が続くと、プールまで電車で行く身としては、ブルルッツ、シンドい。以前は週一度、泳いでいたのに、去年から二週に一度、一か月に一度、年末はとうとう二か月も空いてしまった。
肩がパンパン、それをマッサージでなんとかしのいで、正月までもたしたが、ついに十日過ぎになって、体全体を疲労という膜におおわれたような重たい状態となり、ようやく決心して緑ヶ丘のプールへ。あまりにも久しぶりなので、足の動きが悪いらしく、身体がしっかり浮いていないような気がした。ヨイショ、コラショといった進みなのである。
長岡さんの水泳はゆっくりと、着実に水面を進む力みのないフォームであるとか。
わたしのはなさけない出だしだったが、それでもなんとか30分、バック、クロール、歩きと続けて、身体は完全に回復した。

水泳が身体にいかに良いかは、この99歳の偉大な女性が証明している。しかもプールが温泉であることがプラスしているのだろう。

80歳になるまえに水泳が無理になるのでは、と想像していたのだけれど、この記事から勇気をもらった。今年はもう少し頻繁に、定期的に泳ぐようにしたい。

泳いだあとの、身体全体がきりっと引き締まるあの心地よさを覚えていなければ、と、だらけがちの心に言い聞かせている。

2014年1月14日 (火)

『乱反射』を読む

一章ごとに新しい登場人物の暮らしが語られ、一見その接点は全くないように見える。スティーブン・キングの小説にも使われているが、わたし好みの手法だ。それぞれのエピソードは日常生活につきもののちょっとした油断とか、ためらいとかがそれを誘う心理と状況とが詳細に描かれるので、引き込まれていく。新聞記者の生活、道路拡張に伴い、並木の撤去にかかわるひとたち、愛犬の散歩のエピソード、虚弱体質の大学生、救急医療の当直医師、運転が苦手なOL,まったく関連のなさそうな彼らの生活が幼子を巻き込む、一つの惨事にかかわり、ぴたりとつながって、ラストにもっていくストーリーの組み立てが実に見事で、ミステリーというよりは世間に訴えるメッセージを持つ、社会派の小説のようにも思われる。

貫井徳郎著『乱反射』読みだしたらやめられない超特急の読書で、朝ご飯抜きまでして、二日間で516ページを読み切った。
週刊朝日に一年二か月、連載された小説だが、適度の緊張が最後までゆるまない。この四十代半ばの書き手、大した構成力を維持している。

これほどの小説が直木賞候補にならないはずがない、とネットを検索したら、やはり141回の候補になっていた。しかし選者の評はきびしい。登場人物が一般庶民ばかりのせいかめりはりにとぼしいとか、ジグソーパズルの合わせ方が悪いとか、自分たちの作品は手抜きだらけなのを棚に上げて、言いたい放題である。
興味深かったのは、このときのライバル受賞者、北村薫が今や、貫井徳郎の強力な推薦者となっていることだ。
『乱反射』、直木賞は選にもれたが、日本推理作家協会賞を受賞している。

ラストが暗い、読後感の後味が悪い、などと定評がある、貫井作品を、それでも読んでしまうわけがわかった。
彼は小学校時代からミステリーを読んでいて、シャーロック・ホームズ全集、モーリス・ルブラン、アガサ・クリスティ読破という、その読書歴がわたしの、それにそっくりなのである。ミステリーはこうあってほしいという、何かを分かち合えている安堵感が、まだこのひとの作品を読み続けようという楽しみをつくりだしているのだった。

2014年1月10日 (金)

びっくり映像

先日、NHK『あさいち』でベリーペイントなるものが紹介されたのには、たまげた。
妊婦の、それもおそらく臨月まじかの膨らみきったお腹に絵を描くというもの。
出産への不安を消し、みんなで楽しんで記念を残すという、アメリカ発信の、モダン安産祈願なのだという。
費用は一万五千円、安産祈願というのは宣伝文句として考案されたものだろう。ネットで調べてみると、今やボディペイントは検定試験まである、市場のようだ。
人体の一部に絵を描くのは美大生のお祭り騒ぎのときだけかと思っていたら、出産という一大事を控えている、妊婦の人たちもまきこんで、露出過剰にさせているのには驚くばかり。

現在ではお腹の赤ちゃんの性別、写真まで判明できるほどに、医学は進歩したけれど、出産がほんとうに無事に終わるかどうかだけは、今もって生まれてくるまでわからない。

最近の女性は栄養過多で、それが母乳に影響して、アトピーの原因になると聞かされたことがある。まずは命の誕生を厳粛に受け止め、体調や食生活の改善をこころがけることのほうが大切なのではないだろうか。

9日の朝日新聞で、山田太一さんが、「今の社会は「本当」のマイナスとは向き合わず、プラスの明るさだけを求めているような気がします」とおっしゃっているが、この情報にもそれがあらわれていると思った。

派手なイラストを描いたお腹がずらりと並ぶ光景、何より不妊に悩んでいるひとたちによりプレッシャーを与えるのではと、はしゃぎ過ぎを諌めたくなってしまう。

2014年1月 6日 (月)

『軍師官兵衛』

大河ドラマは映像で歴史をてっとり早く学べるという利点がある。
『八重の桜』も最後まで見たので、『軍師官兵衛』も見てみようかと、BSの六時からのをつけたら、もう始まっていて、最初のキャストの画面を見損なってしまった。
スムーズな出だしだったが、語りがヘン!あのかしこまったような、大時代がかった、ばあさんの声だれなんだ? どこかで聞いたような声だが思い出せない。
これまでの、宮本信子、草笛光子、みんなヘンに芝居がかった大げさな語りで不自然だったけど、なんで大河ドラマだとああなるんだろう。ずっと前みたいにアナウンサーがするほうが、妙に目立たず、自然で、邪魔にならなくていいと思うんだけど。

あとでキャスト確かめたら、藤村志保だった。あのひとは元々、あまり声がいいというわけではない。年取ると、ましてや声に年齢があらわれるものだ。今回の語りはミスキャストだなと思った。

それと、信長、秀吉、なんか年取りすぎている。ま、あの役の柄ではあるけれどちょっとイメージがずれている感じ。

乱世のころのドラマは戦闘シーンを見るのがつらい。馬が可哀そう、だからそこだけ目をつむることにしている。

どうしても見たいというドラマじゃなさそう。NHK観なくてもこのごろ、ムービープラスがいいのを沢山出している。とりわけ日曜は、録画が忙しい。

今回の大河、早くもや~めた、になってしまった。

2014年1月 3日 (金)

2014年元旦

静かでおだやかな元日だった。昔なら羽根つきの音などが聞こえてきたものだが、今はこんな遊びは存在しなくなったのだろうか。
屠蘇を飲むことから始まる正月の祝い膳、我が家、三人、ほとんど会話なし。夕方から、海外に出かけて四日に帰国という息子に、旅行のことをたずねても短い返事をするだけ。燃えないゴミを玄関横においたから、出しといてね、が一番長い発話。

夕食のおでんの支度、大根煮て、玉子ゆでて、お出汁つくって、朝食の片づけ、元日も休んではいられない。
年賀状、出していないところから15通ぐらい来たので、返事を書く。これも手間取る。少し歩いたほうがいいかも、とポストへ行きがてら、一時間ほど散歩。あまり人もとおっていない。車も少ない。こんな東京はめずらしい。

娘一家くる。
孫息子、この日は長髪、後ろに結んで、少しきりっとして見えた。
おせち、おいしいおいしいとどんどん食べてくれる。意外だったのは、昆布巻きとサケのマリネ、クワイの揚げ物がほめられたこと。伊達巻が食べたかったといわれたこと。
食後の会話はひっきりなし。孫娘、センター試験に向けて、いま、過去問に集中してる、と言う。湯島へ行ってお守りもらってこなければ。
孫息子がよくしゃべる。わたしが聖書のむずかしさをうったえたら、大きくうなずき、いま福田恒存に傾倒していると言った。
ぼくはどうしても黙示録を読まなければと思ってるけど、なかなかひまがなくて。
ばぁば、D・H・ロレンスが黙示録のこと書いてるの、知ってる?と言われて首をふる。
あれ福田恒存が訳してるんだ。あれを理解できなければ、と思ってる。
孫からロレンスの著書のことを教えられるとは思っていなかった。
Photo

写真のペガサスの彫像はイタリア、ヴィテルボの友人から送られてきたもの、ことしが午年ということを知っているスージイ、さすがである。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »