2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 葉隠れの青 | トップページ | 神戸めぐり »

2013年10月18日 (金)

身体をととのえる

なで肩で細頸のわたしは高校生ぐらいのときから、肩こりに悩み、放っておくと、のどの痛みからの風邪をひき、一週間ぐらい苦しむというプロセスをずっと経験してきた。
肩こりの特効薬は水泳ということがわかったのは、五十を過ぎたころだが、六十を過ぎると、そこに腕や足の痛みが加わるので定期的にプールに通うということがむずかしくなってくる。

今回もプールに行き損ねて、マッサージに通うことだけで、なんとか神戸行きまでの体調をととのえようとしたのだが、背中の奥によどむ疲れ感がとりきれていない。身体の不調はあちこち起きるが、そういう体調に対する感覚だけは、鋭くなっていて、なんとかしなければ、というあせりを持て余していた。

台風一過、病院で足の甲のリハビリしてもらい、幸い痛みがおさまってきたので、ようやく時間をつくり、帰りに緑が丘のプールに出かけた。先回来たときは水中体操で半面貸し切りされていたせいか、洗濯機の中で泳ぐような状況、波に流されてうまく泳げない、それを、体力の衰えのせいかと悲観していたのだが、きょうは空いていて、一方通行のレーンもほとんど独占、クロールとバック、身体の裏表をおよそ三十分、しっかり泳げていい気分になれた。

数十年ぶりの神戸、新神戸と北野の異人街と、ベイエリア、六甲などの位置関係がわからない。夫がガイドブックを買ってきてくれた。方向音痴のバカだからなあ、まったく、などとイタリアのときより、よっぽど心配そうなのである。

« 葉隠れの青 | トップページ | 神戸めぐり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>なで肩で細頸のわたしは

まったく私と同じ体系の悩みを抱えてらっしゃるのですね。肩こり→背中が痛む→腰痛と進みますので、なるべく早くに解消に努めなければならないのですが、年々難しくなってきます。冬の間は鍼に通っていたのですが、雪が解けてからは知人の勧めもあり徒歩15分ほどの北海道神宮境内で行われるラジオ体操に通っています。

期待していた体重減にはまったく結びつかないのですが、体調は良くなり夏の長旅もなんとか切り抜けました。

>イタリアのときより、よっぽど心配そうなのである。
私も日本の街歩きが時には難しく感じます。なんででしょうか?たやすく見て研究心を怠るからでしょうか・・・。

aliceさま
ラジオ体操の効果はほかの友人からも聞いております。歩いて15分、とはご努力、お偉い!!
いまのわたくし、その歩きがおっくうで、困っております。
もうすべて日々、その日の体調に左右されているのを意識しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉隠れの青 | トップページ | 神戸めぐり »