2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 塩野さん賛 | トップページ | 思いがけなく »

2013年10月31日 (木)

刺し子近作

またまた半年がかり、ようやく柿渋色のヴェストが完成。生地は松の根の樹液で染めたもの、細い糸が柿渋で染めたもの、まさに天然の素材であるが、織り目が粗い生地なので、刺子の目が出にくく、難儀を伴った。 003


002_4


しかも仕上げが総裏、リバーシブルを作る要領の仕立てなのだが、これがまた、幾何学的頭脳を要するので、こうなったら、こう、という図が浮かばず、何度も先生にお電話する始末、それでもなんとか、秋に秋色の外出着ができあがってまずは満足。

« 塩野さん賛 | トップページ | 思いがけなく »

手芸」カテゴリの記事

コメント

忙しい合間には、このような趣味も着々と進んでいるのですね。
材料も吟味した特上の作品ですね。
松の根の樹液…というのも初めて聞きました。

模様がモダンなので何にでも応用できそうですね。

いいなぁ・・・とっても素敵そう。
こんどそれ着て美味しいもの食べに行きましょうよ。

ちゃぐままさん、mocyakoさん
ありがとうございます。ほめていただいて。
でも、もともとつくろいの手芸ですからね。地味なのです。
一般に興味を持ってくださる方は少ないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩野さん賛 | トップページ | 思いがけなく »