2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 八月十五日のこと | トップページ | 2013年アムステルダム、ミラノ、ストレーザの旅 »

2013年8月18日 (日)

一喜一憂の日

きのうは夫の誕生日、岩合さんのネコ写真の本をプレゼントする。
いつもこの時期、孫息子と夫の誕生祝いを合同でするのだが、今年は娘が自宅に招待してくれて、大助かり。

朝、マッジョーレ湖畔からミラノに戻る列車のチケットをネットから購入。
kikukoさんのアドヴァイス。なんでもこの夏、人出が多いせいか、イタリア鉄道、混乱が多く、券売機が故障で窓口が長蛇の列になったりするそうで、何が起こるかわからない、という情報。
マッジョーレ湖の島の宿に出迎え頼んだら、返事に驚いた。タクシーを頼んでおく、それとボートもタクシーボート、なに、それ?すぐに問い合わせる。
四月の問い合わせのときにスタッフを出迎えに出すと言ったではないか、ホテルのサイトには専用のボートがあって、宿泊客の便宜をはかると書いていたではないか、遠い日本で頼るのはネットの情報とそちら、ホテルとのやりとりしかないのに、それはないでしょう、今の時期それしか手段はないの?強調するところは全てイタリア語にして送信。
八時間時差、一晩おかないと返事が来ないので、ちょっと強く言いすぎたかな、と気になりながら、買い物すませ、娘の家に行く。

パリ風、キッシュ、ペンネアラビアータ、マリネした焼き肉、アサリとトマトのスープ、孫息子はバイトと孫娘はトロンボーンレッスンで九時過ぎというので、先に食べる。
どれも絶妙の味、満腹で、すぐに眠くなり、一時間ぐらいソファで寝てしまう。
夫と娘はテレビの野球に見入っている。
やがて孫たち帰宅、ケーキカット、娘に車で送ってもらう。

パソコン開いたら、うれしい返事が待っていた。
「ホテルレストランなので、出迎えの時間、超多忙、今回は異例なのだけれど、スタッフが迎えに出る、あなたのステイが最高になるように努力するから、皆で楽しみにお待ちします」という知らせ。ただし、専用ボートはもうやってない、とのこと。タクシーボートは往復7ユーロ。
言ってみるものだ、そして四月のメールを保存しておいて、よかった。
やはり夏の旅行は疲れる。荷造り四苦八苦に、心労が加わると、疲れも倍加する。

*ご挨拶*
いつもアクセスしてくださる読者の皆さま、ありがとうございます。九月第一週まで、このブログ休みます。

« 八月十五日のこと | トップページ | 2013年アムステルダム、ミラノ、ストレーザの旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

島からのアクセス、心配しておりましたが、なんとかなりそうで安心いたしました。イタリアに限らず、海外ではとこどきとんでもないことが起こりますが、信じられないほど親切な方にも出会います。たくさんの友人がイタリアに滞在しています。いまは懐かしい思い出に浸るばかり。日本でできることは極力しておくのが慣わしでした。夏はストがないだけでも心配事が一つ減りますね。どうかよい旅をなさってください。

kikukoさま
Stresaからのチケット、駅で買えばいいか、など、うっかりしていました。本当に感謝しています。
それと、Stresaの地図、音楽祭のサイトから出せなかったので、これもいいサイト教えていただいて、助かりました。
おかげさまで、元気に出かけられそうです。

読んでいて私の方がパニクりそうです。
交渉術もさすがですね~。国内でさえもこの交渉は
うまく行かないかもしれません。

今から準備に専念ですね。
いい旅であることを祈っています。
暑さの中にも幾分かひんやりした風も感じます。
くれぐれもお体をおいとい下さい。

ちゃぐままさん
ありがたいお言葉いただきました。
ようやく荷物詰め終わりました。去年ミラノで買った布製のバッグがよく伸縮してくれて、イタリア人の好きなかさばるカキノタネの大袋もなんとかおさまりました。
それと『発想転換』でご紹介した、千駄木のバッグはまさしくすぐれもので、バッグインバッグも入り、一個ですべてを収納、結局荷物二つで出かけることになりました。

勝手にコメントいたしますo(^-^)o 

荷物の詰め込み、さすがですね~。あっぱれです!
客室乗務員の方の詰め込み方を上回るんでは!
「賢い旅の準備編」として大いに参考にします。

いよいよご出発ですね。ホテルからの出迎えなんて、素敵です。バカンスシーズンはTAXIもつかまらないので(今夏のフランスでも苦労しました)、これで安心ですね。
Kikukoさんには私も沢山のヘルプをいただきました。ご一緒させていただいた街や村など、思い出しています。
特に理由もありませんが、私にとって最近イタリアは遠くなりつつあります。まだまだ訪れたいところはあるのですが・・・。

湖上の音楽祭などのレポートを楽しみにしています。お気をつけて、行ってらっしゃいませ。

ちゃぐままさま
今回スーツケースはほんとパンパン、ともかく列車に乗り込むことを考えて、ひとつにおさめなくてはならず、苦心しました。あまり自慢できる、旅じたくではありません。

aliceさま
コメントありがとうございます。
夏の旅行は初めてで、もしかしたら、最後かもしれませんが、大変でした。
これからaliceさまのブログ、楽しみに読ませていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/58015270

この記事へのトラックバック一覧です: 一喜一憂の日:

« 八月十五日のこと | トップページ | 2013年アムステルダム、ミラノ、ストレーザの旅 »