2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 食養生始める | トップページ | ようこそのあとで »

2013年5月31日 (金)

泳ぐ

欧米女性の泳ぎは圧倒的に平泳ぎなのだろうか? 映画で見る限り、ほとんどそうだ、と、たまたまムーヴィー・プラスで『スイミング・プール』という映画を見ながら思った。キャップもかぶらず、ゴーグルもつけず、しかも顔を出したまま、すいすいと泳ぐ。
宿泊したホテルのプールでも見かけるのは平泳ぎばかりだった。
わたしは五十過ぎてから水泳を習い始めたのだが、クロールとバックができるようになると、それ以上はもういい、と平泳ぎに挑戦するのをやめてしまった。ひとつには腰に悪いと言われていたからだ。
クロールとバックを交互にすると、ちょうど、身体の裏表を鍛えたという感じで、平均がとれ、効果もいいように思われたのである。
でもカッコイイのは確かに平泳ぎ、くやしいけど。

夏に海外にいくことはこれまで滅多になかったので、海外で泳いだことは数えるほど、香港、ヴェトナム、ハワイなど。

イタリアに行くようになってからは、イタリア一週間ステイの帰り、ウイーンに寄り、郊外のバーデンで泳いだことがある。このときはローマの語学留学一週間がかなりハードでとても疲れていたので、バーデンの温泉に入るつもりでいたのである。ところが出かけてみると、温泉とはつまりぬるま湯のプールだとわかり、がっかりするやら、驚くやら、でもここで泳いだおかげで、ローマの疲れは消えた。このとき水着が要るとわかって、急遽、ウイーンで購入。黒の単純な形なのだが、身体に吸い付くようでいて、欠点が隠れる。係りの女性がとても丁寧に選択を手伝ってくれたおかげで、よい買い物ができた。六年も前のものだが、未だに着用する事が多い。
イタリアで泳いだことはただの一度、イタリアンリヴィエラの海ではなく、プール。ジェノヴァ近くのキアヴァリというところにホームステイしたとき、朝、シャワーが使えなくなって、急遽、近くのプールに連れていってもらった。ところがこのプール、ダイビングもできるとあって、なんと二メートルの深さ。足がつかぬまま、泳ぐのはとても不安、高齢者のひとたちもいて、つかまる場所がある、一番端で泳いでいるのに気がつくまで、しばらくかかり、日本の高齢女性イタリアのプールで溺死などという、新聞の見出しが頭によぎりながら、三十分を過ごし、語学校の一時間目に遅刻したのだが、肩こりはすっきり解消していた。

この夏にステイするホテルにもプールがある。水着を持参するつもりではあるが、またもやその深さが今からちょっと不安である。

« 食養生始める | トップページ | ようこそのあとで »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 海外で何度か泳ぎました。海はポルト・エルコレの近くのホテルのプライベートビーチだけ。バーデンでは、たまたまやっていてアクアビクスに参加しました。リエンツのホテルのプールは最上階にあって、眺望絶佳でしたが、ダイビングもできる深さ。怖かったのを思い出しました。

 先日行った展覧会にターナーの「パッランツァ、マッジョレー湖」が展示されていました。5月28日までの期間限定だったので、もう見られませんが、PallanzaはStresaからフェリーが頻繁に出ているようですよ。広大な庭園を持つターラント邸が有名です。ロマネスクの教会もあるようで、行かなかったことを悔やんでいます。

kikukoさま
何度もお目にかかっているのに、バーデンのお話、していませんでしたね。この次はきっと…
いい情報いただきました。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/57496797

この記事へのトラックバック一覧です: 泳ぐ:

« 食養生始める | トップページ | ようこそのあとで »