2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« このごろは | トップページ | 映画『まほろ駅前多田便利軒』のこと »

2013年3月 2日 (土)

続『まほろ駅前番外地』熱烈フアン

のんさま
まあ、コンセルトヘボウでクラシックをお聴きになる方が、『まほろ駅前番外地』のフアンでいらっしゃるとは!!世の中、好みが同じひとって存在するんだな、と、このところ落ち込みがちだった気分、高揚しました。

きのう、『まほろ…』シリーズ二冊目読みおわり、そして録画してあった、ドラマ、いま見たところです。
原作とずいぶん違っていました。ネタばれになるので、詳しくは書きませんが、原作は女性同士の関係がもう少しややこしいのです。あれをわかりやすく、「片づけられない女」をいかにも、というキャラクターにした脚本家のスゴ腕にうなったら、脚本家は演出家でもあり、映画の監督および脚本担当だった、大根仁というひとなのですね。さすが、さすが、です。行天という役柄をあれだけ魅力的にしたのも、一重に大根氏のせりふづくりの巧みさと、演出指導がもたらす効果あってのことと想像しました。
きのうの行天くん、あんな大笑いの笑顔、はじめて見ましたよ。こちらまで愉快になりました。ストーリーずいぶん変えていましたが、小説よりずっと楽しめましたね。

瑛太という俳優さんも大したものです。『最高の離婚』これも脚本、巧みなので、若い人向きのドラマですが、見ています。
あの真面目に超がつく、潔癖症のおかしなミツオくんとこの便利軒のオーナー、多田の変わりよう、その役になりきって、俳優の素をまったく忘れさせる演技、わたしは大体において、二文字だけの、名前の俳優に好感が持てないのですが、カレだけには心底魅せられております。

三浦しをんさんの生みだしたこの二人の主人公、いまや、原作者の手をはなれたところまで独り歩きしはじめているようですね。

『まほろ駅前番外地』ドラマ全12話、4月6日から19日まで、夜9時から渋谷のユーロスペースでイベントつきで上映されるのご存知ですか?
夜なので、出かけようか、どうしようか、迷っています。


« このごろは | トップページ | 映画『まほろ駅前多田便利軒』のこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/56872961

この記事へのトラックバック一覧です: 続『まほろ駅前番外地』熱烈フアン:

« このごろは | トップページ | 映画『まほろ駅前多田便利軒』のこと »