2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ラストスパート | トップページ | 花見どきの不調 »

2013年3月31日 (日)

『マリーゴールドホテルで会いましょう』

見たいと思っていたのに、見逃しかけていた映画、あと一日で終わってしまうという早朝一回だけ上映の場所、やっと見つけて、十時始まりの有楽町のシャンテシネに駆けつける。
『マリーゴールドホテルで会いましょう』主な出演者全員六十代以上のシニア映画である。

主演の二人、ジュディ・ディンチ、マギー・スミス共に、79歳。英国を代表するこの二大女優、シワ、シミ、タルミ、容姿の衰えなんぞなんのその、人生で起る全て、経験してるわよ、と言わんばかりの自信にあふれた目ぢからが圧倒する存在感。

なんらかの事情を抱えてインドにやってきた男女7人、インドに到着するまでのそれぞれのエピソード紹介の導入部がテンポよく、ユーモアもあふれていて、申し分ない。この部分だけでも、すぐにも繰り返し見たいと思ったほど。

ジュデイ演じるイヴリンは夫が他界したあとで、多額の借金を知り、自宅を手放して、わずかな費用ですむインドのホテル住まいを決める。そのホテルはとんでもないボロホテルで、異文化や気候にも圧倒されるが、負けていない。自分のできることでチャレンジしようと、仕事につく。
インド綿のチュニックにスカーフを巻くファッションが似合って、凛とした姿、魅力的だ。

マギー演じるミュリエルは対照的、独身でかたくな、しゃれっ気まったくなしの高齢女性、本国では股関節の手術担当医師に注文をつけ、黒いひとはいや、イギリス人にして、などと、人種偏見丸出し、結局、半年も待たされると知って、インド行きを決意。孤独なオールドミスがインド人の人情あふれるもてなしを受けるうちに、偏屈な態度を改めていく、その過程の演技にも魅せられる。

イヴリンはブログを書いていて、それが語りとして使われている。
「過去にとらわれてはいけない…積み重なっていく今が心を満たしてくれる」というせりふはわたし自身の今と重なってこころにひびく。

旅で起るネガティブな事件満載の映画、それに打ち勝っていく主人公たち、そのチャレンジはまた、旅の醍醐味でもあることをわからせてくれる。

大画面で見る映画、やっぱりいいな、と思った。これからも見たいと思う映画を見逃さず、映画館に足を運ばなければ。

この映画から八月の旅への、励ましと勇気をもらうことができた。


« ラストスパート | トップページ | 花見どきの不調 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/57074982

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリーゴールドホテルで会いましょう』:

« ラストスパート | トップページ | 花見どきの不調 »