2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 書店で | トップページ | 誕生日に »

2013年2月 3日 (日)

刺し子鑑賞旅行

刺し子の吉浦和子先生のお作品を見たくて、ご自宅にうかがった。泊りがけでいらっしゃい、というお言葉に甘えて、わたしよりずっと若いレッスンメイトのN子さんと連れ立って伊豆のお宅まで一泊旅行。
『スーパービュー踊り子号』の窓から見える海は澄んで青く、わたしたちの期待をあらわすようにきらきら輝いている。

お宅は緑多い、純和風、ツリーハウスができそうな楠の大木が見とれるほど、立派。春には白い花で満開になるというエゴノ樹もある。
お手製のパリパリ皮のアップルパイとコーヒーに舌鼓を打ち、一息ついてから、午後じゅうかかって、刺し子、アップリケ、キルトなど入り混じったお作品数十点、歓声をあげつつ、鑑賞。Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


一刺し一刺し、入魂の作品群、ひとつの道を極められた人生の迫力が伝わり、圧倒される。
夕食はキンメダイとエリンギ、ワカメ、クレソンのしゃぶしゃぶ、朝食は常備采沢山、お料理も刺し子の針目のように、あたたかく、丁寧に味付けされた整い方。
温泉にもゆっくりつかり、至れり尽くせりのおもてなし、正に癒しの一泊二日であった。

« 書店で | トップページ | 誕生日に »

趣味」カテゴリの記事

コメント

まさに癒しの世界。私と別世界です。
極めこその作品に褒め言葉は・・・。無用ですね。

先日、囲いのとれた歌舞伎座を見てきたばかりです。
又、花形の火がひとつ消えました。残念です。

Tacchanさま
きょうの朝日新聞の天声人語に歌舞伎の観客動員を危ぶむ記述がありました。浅草歌舞伎も観客のほとんどがシニア、名優の急逝が続くなか、不安に襲われます。
新歌舞伎座、いい転換になるのを期待します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/56691556

この記事へのトラックバック一覧です: 刺し子鑑賞旅行:

« 書店で | トップページ | 誕生日に »