2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 雪に備えて | トップページ | 体調リポート »

2013年1月18日 (金)

新春浅草歌舞伎

そもそもは久しぶりに浅草に行きたくて、その浅草の面白さをおしえてくれた、K子さんに、ついでに歌舞伎もいかが、とさそってみたのだが、うれしいことに、数日前なのに、ぴたりと都合が折り合った。

歌舞伎友達だったK子さん、歴史に基づいた歌舞伎をしっかり知識にたくわえている、生き字引的なひと、一緒に、ほとんどの演目を見続けたあと、身体の事情、家の事情などから、数年ご無沙汰していたのだが、さあ、それでは、ということで、新春浅草歌舞伎へ。

席は前から六番目の端っこだったが、真ん中より、人の頭が気にならなくて、かえって見やすいのよ、と通の彼女が言う。

お年玉〈年始ご挨拶〉に単独で出てきた片岡孝太郎に驚く。最初は定番の「皆々様には…」に始まって、すぐ、がらりと変わって、素でやるトーク、これがよどみなく見事で聞きほれる。自分の命名の話、女形は見得をきることがない、ということから、左団次おじさんにおそわったという、「このタビ、白タビにてそうろう」みたいな見得を見せてくれたり、一階から三階まで拍手の違いを把握させたり、笑いもふんだんに取って、ああ、なんと立派に成長していることか、きょうはこれだけでも来た甲斐ありといった感じ。

彼、演技も素晴らしかった。幡随長兵衛の女房お時、出てくるだけで、町奴の頭領のおかみの貫禄十分、しかも声がよく通る。海老蔵はあんなによい声質なのに、せりふがくぐもってこもり、よく聞き取れない。二人のかけ合いのとき余計目立つ。惜しいな、と思う。
一番心に残ったシーンは女房お時が手伝って、長兵衛がかみしもに着替えるところ、無言なのに、海老蔵の姿のよさ、手さばきの美しさと、女房の手伝いかたの息の合い方、溜息の出る美しい場面だった。

二演目はちょうどよい長さ。疲れず、そのまま買い物、食べものばかり、甘栗、甘納豆、楽しみにしていた日の出のおせんべいが休業でがっかり。
最後は地下鉄付近の『三定』でかきあげ、夕食用に買って、銀座線で帰る。

帰宅してからの楽しみは渡辺保氏の歌舞伎劇評のサイトを見ること。

« 雪に備えて | トップページ | 体調リポート »

演劇」カテゴリの記事

コメント

本や音楽は洋物・・・・と勝手に想像していました(´゚Д゚`;)
なんのなんの歌舞伎もファンだったんですね~。
何でもきちんと極められるところがすごいですね。
福岡にも歌舞伎座ができましたが、大歌舞伎と言われる
ものは、興行も少ないのです。
一晩だけのコンサートなどと違い、あれだけの大人数が
ひと月も居座るのだから、興行もなかなか大変のようです。

叔母のお供で行っていましたが、亡くなってからは足が途絶え、昨年久しぶりに『椿説弓張月』を観ました。ブログを拝見して行ってみようかと思います。浅草も亡父が上京した折、リクエストがあって、訪れてから何十年もたちました。少しはcannellaさまを見習って、前向きになりませんと。

ちゃぐままさま
歌舞伎の魅力は出演者の演技ばかりでなく、衣装や舞台装置や長唄囃子にも、見とれ聴きほれます。オペラに匹敵する総合芸術ですものね。

kikukoさま
浅草歌舞伎の庶民的な雰囲気が好きです。トイレの行列でも知らぬもの同士がイタリアみたいに気楽に話かけあったりするんですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/56567467

この記事へのトラックバック一覧です: 新春浅草歌舞伎:

« 雪に備えて | トップページ | 体調リポート »