2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« レトロ遊覧 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

2013年1月15日 (火)

雪に備えて

これほどの大雪になるとは思わなかった。しかも翌日はイタリア語の授業が控えている。雪の翌日は裸で洗濯、と言われているぐらいだから晴れるとは思うが道中が難儀なのは想像がつく。
いよいよあれの出番、あれとはトリノで買ったスノーブーツのこと。

初めてのトリノ、ホームステイ最終日近く、朝、静寂の中に目覚めたら、外は銀世界であった。まず思いついたのは、転んだら大変ということ、それには安全に歩くためにスノーブーツを買わなくては、とあせる。パドローナ(女主人)は仕事に出かける寸前で忙しくしていたが、わたしの問いには、近くにいい靴屋があると早口で説明、それの聞き取り、案の定怪しく、あちこち歩きまわってようやく見つけ、少し大きめだったが、ま、いいか、と買ったそのブーツ、日本ではまだ一度もはく機会がなかった。

そしてきょう、そのブーツは不思議にも少しも大きめでなく、ぴったりとしっかりと足に吸い付くような履き心地。近頃、雪かきをする住宅は少ないのか、朝九時半、道はまだ凍った雪が少し溶けかけたような危ない状況、ブーツだからといって安心はできない。やはり歩幅を小さめ、足をふみしめて歩く。

イタリア語のクラス、全員六十代以上だが、滅多に休まない元気女性が骨折、最年長のクラスメイトは膝痛、最年少女性は内臓の手術後、一回おきとなり、すべて欠席で、出席は、わたしと同い年ぐらいの男性クラスメイトの二人だけ。
教師もええっつと、目を丸くして驚いていたが、pochi ma buoni,すなわち、小人数の贅沢クラスよ、と言いながら、始まった授業は想像したよりずっと、話題が広がり、二ページに渡る宿題もスムーズに一ページ終了で、まずはやれやれであった。

« レトロ遊覧 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

九州でも今朝少し積もりました。
東京は交通がマヒして大変でしたね。
スノーブーツも雪かき用のスコップも売り切れのニュースが出ていましたよ。
思い出のブーツの出番。「贅沢クラス」に参加できて、活躍しましたね。
イタリアのスノーブーツって、靴底にどんな細工がされているのかなと思って
います。

ちゃぐままさま
トリノで買ったブーツ、たしか30ユーロくらいでしたが、靴底が特殊というわけではありません。細い溝がいっぱい刻まれているだけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/56548763

この記事へのトラックバック一覧です: 雪に備えて:

« レトロ遊覧 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »