2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 図書館で | トップページ | 書店で »

2013年1月27日 (日)

買ってよかった

極寒の季節、三年まえの築後四十年の古い家、ネコの通り口だった階段途中の窓が開いていることが多かったので、廊下は外気温と変わらず、暖房してある自室に入っても、すぐには寒さが抜けず、わたしは電気毛布をかけて寝ていた。
家を建てるためにマンションに一時暮らしをしたときは、それほど寒くなくなったが、床暖房ではなかったので、足が冷え、寝るときは湯たんぽを入れていた。
そしていま、三十坪の小住宅は比較的あたたかい。自室は床暖房なので、エアコンはほとんどつけずに済んでいる。
湯たんぽを入れるほど寒くはないのだけれど、ベッドの中はちょっと物足りない。十年ぐらい使っている羽根ぶとんはもうフカフカ度が減少しているし、買い替えようかと思案していた折、テレビショッピングの声が耳に入った。「西川の綿毛布でできた布団カバー…」
子供や孫たちが赤ちゃんだったころ、肌触りがよく、好んで使った軽くてやわらかいあの毛布。
値段は7000円ちょっとだったが、洗濯機で簡単に洗えるとわかったので、思い切って購入した。

これが実にいいのである。
ベッドメイキングも手抜きで、いまは上シーツを省略。だから直接その綿毛布カバーのかかったふとんにくるまる状態なのだが、ほどよいぬくもり、しかも保温もしっかり、とりわけ夜中にトイレに起きて、またもぐりこんだときの、肌触り抜群の温かさがたまらない。

あまり気に入ったので、伊勢丹のバーゲンで、グリーンにワインカラーのブドウ模様の色合いも申し分ないものをもう一組買った。これはベッドカバー抜きでもインテリア効果を高めてくれている。

夫にこの発見を語って、試してみたら、と薦めてみたが、新しいものを試すことが嫌いな彼、ネコという天然湯たんぽもいるので、まったく必要なしと拒否されてしまった。

« 図書館で | トップページ | 書店で »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

《綿毛布カバー》のこと、全然知りませんでした。
さっそく調べてみると、口コミでも実に評価が高かったので
びっくりです。昔からあったんですね。
洗濯機が使えるというのがいいですね。
季節外れにグンとお安くなるのを見計らいます。

わたしは電気毛布がどうも馴染まなくて、布団乾燥機で10分間
温めてから休むことにしています。そのあとはソフトあんかで。
乾燥機が2台、夜に結構大きい音で鳴りだすのも滑稽です。

ちゃぐままさん
これ、ほんと、おすすめです。綿毛布でくるむということは綿毛布を二枚がけしているわけなので、ふとんだけで、毛布が要らなくなりました。
それにしても布団乾燥機を駆使していらっしゃるとは、驚きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/56639834

この記事へのトラックバック一覧です: 買ってよかった:

« 図書館で | トップページ | 書店で »