2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 同窓会バスツアー | トップページ | 外出続く »

2012年10月19日 (金)

植物に学ぶ

猛暑の夏にしおれそうになるのを、日に二度、一番欲しそうな顔をしているときを見計らいながら、水やりをし、サバイバルさせたプランターの花々を見るのが楽しい。
でも、ひとつ気になるのはそのはるか上にツルを這わせている西洋朝顔ヘブンリーブルー、葉ばかり大きくなって蕾が出てこないのだ。Photo_3

去年のいまごろはブルーの生垣のように花ざかりだったのに。
このままだと、下に植わっているモッコウバラの発育にかかわってきそうで不安この上なく、ネット検索しまくって、園芸電話相談の番号を二箇所見つけた。

まずは都内の足立区(03-3880-5111)にかけてみる。その日は金曜日、あいにく担当のひとがくるのは月曜だから、と、週をあらためて、あちらからわざわざかけてくれる約束をしてくれた。
けれども、三日が待てない。またもう一箇所の千葉の電話(048-281-2319)をかける。おだやかな男性が出て、こんこんと説明をしてくれた。苗が育っていく途中でもしや肥料をやらなかったか?と訊かれ、じつは一度与えた事があると言うと、それが災いしているかもといわれる。今年は類をみない異常気象だったので、植物は例外なく影響を受けている、が、タネをまき、苗となって移植し、育っていく過程でいじめるくらいきびしい対応が必要なときがある。つまり放っておいて、水やりもせず、のびるツルを切るというような…、そうすると、苗は一生懸命花を咲かそうとするのだそうだ。つまり世話をやきすぎると、葉ばかりのびてしまうものらしい。
なんだかヒトの育児にも参考になりそうな言葉。
自分は果たして良い母親だったのだろうか。

最近、電話相談しようにも、通じるのに、録音の返事ばかり返ってきて、長くてイライラすることも多いのに、この相談はすぐに通じ、納得する回答が得られて満足した。しかも足立区からも月曜に電話がもらえた。

アドヴァイスどおり、ツルを切り、からまっているところを整理してモッコウバラにも陽があたるようにすっきりさせてから、ふと見ると、アサガオの茎にいつのまにか小さな蕾が出始めているのに気づく。
このぶんだと12月を過ぎてから開花となるかも知れない。
せっかちを諌めるように植物から教えられたような気もしている。

« 同窓会バスツアー | トップページ | 外出続く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
 とうに成人している一人娘への対応に悩んでいたところでした。
、、さっき言ってしまったことが厳しすぎたかしら、、あの子落ち込んでるかしら、、そう思い自分が落ち込む始末。
「育っていく過程でいじめるくらい厳しい対応が必要な時がある。」ーーーえっ!?どすっと直球が着て、なぜかじーんと涙ぐむ思い。今この言葉に出くわしたのはどういう偶然でしょう。たしかに、成長過程で肥料あげすぎてたかもしれません。思いがけないところで凄いヒントを拾うものですね。園芸相談おそるべし!

R.Mさま
母と娘の関係のむずかしさは世界的なもののようです。マザー・エンド・ドーター・シンドロームという本があるくらいですから。
イタリアでも愛するがゆえに互いを傷つけるような諍いをくりかえす母娘を見ました。わたしも娘に対する対応に苦しんだ時期がありましたが、いまは距離をおいてつきあい、自分に遺されたときを大切にしています。

はじめて見るお庭の花たち。こんなにたくさんきれいに植えていらしたんですね。
クリックして大きくすると、生き生きしたグリーンが目に入りました。

相談のアドバイス、身に染みて感じ入りました。
栄養を与えすぎているきらいが、私にもあります。
食いしん坊の私のことだから、栄養は与えればいいものだと、つい思ってしまいます。

ちゃぐままさん
あなたのようにコンテストで優勝なさっている方に見ていただくのは恥ずかしいです。
計画的に植えていないので、色のとりあわせもバラバラで、この次はもっと、と思うのですが、一本枯れて、そのスペースにまた補充していく、やり方だと、ダメですね~。
元の庭の土がいいのか、新築したときに植えた木々や潅木、どれもよく育っています。
ウッドデッキのプランターも整理しなければ、と思いつつ、手がまわらない…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/55927008

この記事へのトラックバック一覧です: 植物に学ぶ:

« 同窓会バスツアー | トップページ | 外出続く »