2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 映画のあと | トップページ | ミスター・ナイトリー »

2012年9月 6日 (木)

食難事情

暑さ疲れでげんなりの毎日、夏もようやく終わりに向おうとしているが、我が家の食事は依然、簡略化、簡素化から抜け出せないでいる。
なるべく火を使わないように、簡単にできるもの、皿数の少ないもの、けれども味にはこだわりたいので、肝心なところは手作りで、というようなものばかり。

それというのも、夫はチキン、魚がダメ、味も濃いめを好み、ドレッシングもクリーム系、酸っぱいものもダメ、とにかくメニューが制限されるのが難。

簡略化は主に出汁類、一番出汁などは本格的にせず、アゴ出汁のパックとか顆粒などで済ます。スープもイタリアから買ってきたキューブ、材料もすべてレシピどおりではなく、あり合わせですます、などなど、手抜き、間に合わせが多い。
きのうも五目チラシが食べたくなったのだが、干瓢なかったので、椎茸、油揚げ、ニンジンのみの具、錦糸卵はつくったが、青みに三つ葉がほしいところ、カイワレで済まし、茶碗蒸しの具もかろうじて、ササミ、銀杏ないので、枝豆を数粒、飾りにこれもカイワレにしたら、なんとかそれらしくはなったが、何か物足りなかった。そのうち錦糸卵の線切りも億劫になるのかも、と薄ら寒くなったりする。

『あなたのために』という辰巳芳子さんの本が出版されたとき、狂喜してすぐ買い求めたが、一度もレシピを活用したことがない。ともかく本格的過ぎるのである。一番出汁、二番出汁、イリコ出汁、すべて手間と時間がかかるし、タマネギのヴルーテがあったら、さぞ、とおいしさは想像できるのだが、タマネギいためて味噌状になるまで、なんて、とても無理。

世の中には、たちどころに献立のアイディアが湧き、それをパーフェクトにおいしく作る高齢女性名人が大勢いるのかも、と、そういうことが億劫になってしまった自分に劣等感を抱き、それじゃあやってやろうじゃないの、という意欲も出てこない、高齢度を淋しく思うこのごろである。

« 映画のあと | トップページ | ミスター・ナイトリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

材料がなくてもパッと代用品が頭に浮かぶ…、それがれっきとしたベテラン主婦だと思います。
私もよくある光景で思わず笑みがこぼれましたが、私なら厚かましく「これぞベテラン主婦!」と自分で納得するところですよ。
若いころは、材料がほんの少し足りなくてもスーパーに走っていました。今は、何かで代用できないか・・・と「横着」になってきましたが、すごく気が楽なんです。
でも代用ってやはり長年の家事をこなさないと思い浮かばないとは思いませんか?

《スープもイタリアから買ってきたキューブ・・・》は、黄色と緑の長方形の箱の物ではありませんか?
イタリアで買ってきておいしかったのでネットで探していますが、見つけられません。
パエリヤに使うととてもコクがあって。
日本で売っていたら教えてください。

ちゃぐままさん
お励まし、ありがとうございます。、また少し元気が出ます。
作り慣れているものも、このごろ、その時々で出来不出来があるのが、ちょっと哀しいです。計量スプーンで測らず、目分量などで済ましてしまうせいでしょうか。
ともかく不精になりました。
スープキューブはクノールイタリア、お料理の先生もイタリアで大量に買って帰られるとか。日本のより味が濃厚のようですね。

古いお料理本を見るのが(作るのではなくて)好きです。
辰巳浜子、臼田素娥、佐藤雅子、、。
曰く
~バターは、冷蔵庫から30分前に出して、室温に戻すこと。電子レンジを使うと風味がなくなります。
~お料理を始める前に流しの中を片付けること。
ビシビシと厳しいお姑さんに注意されている気分になります。
この方たちが今の「きょうの料理」をご覧になったら、なんとおっしゃるでしょうか?

中田さま
なつかしい料理名人のお名前です。フレンチドレッシングは辰巳浜子さんのレシピを愛用しています。ニンニクをつぶし、お酢を熱してかけ、あとオイルと塩、溶き辛子も少々、砂糖もほんの少し、絶妙の味。
料理の女神のようにあがめられている栗原さんのレシピはあまり、好みません。電子レンジをバンバン使うからです。
わたしはお姑さん向きじゃない、とつくづ思います。息子が独身でよかった!

またまたご無沙汰です。お元気そうで何よりです。

加齢と料理、うちの母もまったくだめになりました。昔は和洋中と自由自在においしい
料理を作ってくれ、お姑さんは友人を招き食事会をし、「この人(母)が料理上手で
私は外に食べに行かなくてもいいの」と自慢してくれましたのが懐かしい。
(しかし、姑が散々美味しい物を食べに連れて行ってくれたおかげでいろいろな料理
を覚えることが出来たのですが)

とにかくこの暑さでは鍋の側に立っているだけで、若い人でも消耗します。
私もすでに料理が安定しなくなり、「今日のは全部しょっぱい・・・」と自分でガッカリ
することもありますが、しょっぱかったひじきの煮物は茹でたほうれん草と和えて
白ごまをたっぷり混ぜて変身させたり、と捨てずに頑張っています。

生きることは食べること、また、食べさせる人がいることも幸せですね。
自分一人となれば、どんないい加減な料理になるか想像しただけでぞっとします。
もうすぐ涼しくなりますから、きっと元気が出ますよ!料理したくてうずうずする
Cannellaさんがいることでしょう。もう少しの辛抱です。

へこたんさん
お励ましありがとうございます。元気が出てきました。ブログ書き冥利につきます。
しかし、暑い!!なんという残暑でしょう!
でもばぁばは毎日外出しております。
きょうのごはんは麻布十番のおでん、五十年ぐらい続いている、豆源と同じぐらい、評判のところ。タネがいい。それで楽しました。
明日は夫が作りたいのだそうで、ま、あいかわらず手抜きというか、なんとかやっております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/55595513

この記事へのトラックバック一覧です: 食難事情:

« 映画のあと | トップページ | ミスター・ナイトリー »