2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« おすすめです! | トップページ | PMF異聞  1 »

2012年7月24日 (火)

涼麺をどうぞ

蒸し暑い日にはごはん食が重たく感じることがある。イタリアのパスタ類もしつこい感じ。やはりつるっと、軽くて、それでいて、野菜も肉も入った栄養価のある夕食向きのおそば、となると、冷やし中華がぴったりだが、シマダヤのゴマだれ中華はいかにもお手軽すぎて、という向きに、井上三枝先生の涼麺(リャンメン)をおすすめしたい。
これまた、表紙のとれた茶色のしみだらけの料理本、昭和34年、実業の日本社から出版された『中国料理三百五種』のレシピ。

井上先生は戦前中国政府に招聘されたご主人と共に、中国各地10箇所ちかくに滞在されて、中国料理をマスターされた。だから、この本にのっているお料理は北京とか広東とかの限られた場所の味ではなく、先生が各地をまわられてこれは、という料理法にまとめられた、中国全国粋のお料理なのである。

四人前
中華生そば、ゆでて、シャワー水かけ、ごま油まぶしておくす。
豚肉うすぎり1パック(140グラムくらい)を線切りにする。
干し椎茸4個、水に戻してこれも線切り。戻し汁はスープ代わりに使う。
ネギ1本、うすく斜め切り、
キューリ1本、うすく斜め切りしてから線切り、
醤油、大さじ1、塩、コショー少々

スープ(中華スープでもよい)1.5カップ
醤油大さじ2、
酢、大さじ2
塩と砂糖少々

豚肉を油いため、そこに椎茸、ネギ入れ、いため、塩と醤油を加えて味つけ、さましてから、キューリ加える、
スープ煮立て、醤油、塩、砂糖少々加え、火とめてから酢をくわえて冷やしておく。
そばに具をかけ、好みで錦糸卵かけ、スープをかけて食べる。

酢は大さじ2としたが、これは「やさしいお酢」の場合、好みで加減したほうがいい。
さっぱり、でいて必要なものが全て入っている見事なレシピである。

« おすすめです! | トップページ | PMF異聞  1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あら、美味しそうなレシピですね♪
今度我妻に作ってもらいましょうかね(笑)

ドライカレーのレシピ、感謝感謝です。
ジャガイモのフライ作りましたよ~!
久しぶりにイメージしていたドライカレーを食べることができました。
どろっとしたルーでなく、パラパラしたカレー味のミンチ肉が夏にぴったりです。
食べた後の胃もたれがないのがいいですね。
cannellaさん所と違うところは、作る人も後片付けの人も「わ・た・し」でした。

この冷麺も大好きです。酸味のさわやかさが夏向きです。
いつもハムを使うのですが、トッピングが惣菜向きで夕食って感じになりますね。
今度作ってみます。

初めて投稿します。
リャンメン、ご愛用ありがとうございます。
実はあの本は私の祖母、井上三枝と母、坂本喜久子の共著です。
我が家のリャンメン私も大好きです。
おいしいですよね。
あの本はとっくに絶版になってしまいましたが、残念で私が私費で作り、知り合いの希望者に差し上げたりしています。(それももう少ししかありませんが)
この本の題名でネット検索したら、このブログに出会いました。

御留守中に忍び込みました。
冷麺大好きです。
といっても、生協のポン酢味かゴマダレでお手軽商品を使います。
簡単だからハムを使いますが、これは豚肉。コクが出ておいしそうですね。
椎茸のダシもおいしそうで、作ってみます。

そうそうドライカレー、ちゃんと油で揚げました。おいしかったです!
暑いときはルーのしつこさより、このドライのさっぱりカレーがいいですね。

ともぞ~さんにはちょっとさっぱりし過ぎかもしれませんが、ぜひお試しください。

ちゃぐままさん
ドライカレー喜んでいただけてうれしいです。そちらの定番メニューになりますように。

たっこさま
まあ、なんといううれしい出会いでしょう。ブログでなければありえないことかも。
お孫ちゃまがちゃんと井上先生のお味を引き継いでいらっしゃる、素晴らしいです。
まだ、あの池尻近くのお宅はあるのでしょうか?
あのころ一緒に習っていた同級生は国際結婚していまアメリカ西海岸にいます。
彼女もあのお味を広めているかも知れません。

ちゃぐままさん
すぐ実行なさるところが、ちゃぐままさんのすごさですね。
スープですが、椎茸の戻し汁はわたしが代用したさっぱり編、コクがほしい向きには本格中華のスープ、を使われるといいでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/55267512

この記事へのトラックバック一覧です: 涼麺をどうぞ:

« おすすめです! | トップページ | PMF異聞  1 »