2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 『渇き』と『旅情』 | トップページ | おすすめです! »

2012年7月16日 (月)

フランス風ドライカレー

週末、ブリッジのトーナメントに出かけるときは、夕食を夫に頼むことが多い。お弁当は、自分手製の梅干のおにぎりと卵焼き、漬物と決まっているので、依頼メニューは洋食か中華、きょうは、「久しぶりにドライカレーが食べたくなったから、それにするよ」と言われて家を出た。

我が家の定番、ドライカレーとは、いまから五十年まえに出版された伊藤由里子先生の『フランス風家庭料理』のレシピ。
伊藤先生は戦前パリに商社の駐在員の奥さまとして滞在され、フランス刺繍と料理をマスターされた。実母はフランス刺繍を出稽古していただいて、習い、そのあと、先生のご自宅に通って料理を教えていただくようになった。覚えた料理が夕食に並ぶ日々、どのレシピもレストランでは食べられない、フランスの主婦の本格家庭料理で、心のこもったおいしさに満ちていた。
戦前のパリ、日本人がパリに住むなど、稀有な時代、おそらく見るもの聞くものすべてに感動し吸収されたのだと思う。フランス人女性も衣服も料理も手作りすることを楽しみ、専念していた。そういうときのレシピは贅沢な素材でなくてもおいしく食べる工夫に満ちている。
近頃の料理本のどれを見ても、これに優るものは見当たらない。だから、この五十年まえの茶色に変色し、表紙もとれた本はわたしが死ぬまで、辞書みたいな存在でいてくれると思う。

最近、レストランで出てくるドライカレーとは汁気の少ない、ひき肉カレーみたいなものと決まっているようだが、これは違う。

ニンニクひとかけをみじん切りにしてバターまたはオリーブオイルで少し色づくまでいため、そこに牛ひき肉、四人前で300グラムぐらい加えていため、カレー粉小さじ二杯、塩小さじ山一杯加えてよくいためる。
あとはじゃがいも一人一個あてぐらい、紙のように薄く切り、さらに針のように線切りにし、よく水にさらし、絞って、うすく色づくまで油で揚げる。
その両方をを白いごはんにまぜて食べるのである。
昔はこのじゃがいもの線切りを包丁でやっていたので難儀だったが、いまは皮をむいたじゃがいもをごしごしやれば線切りが出てくる道具があるので便利になった。
夫はこれを大層好み、作り方も覚えて、今ではわたしよりずっと上手につくるようになった。

そして、きょうはまた、格段の出来栄え、ブロッコリーのサラダと一緒に舌つづみ。
後片付けは息子が引き受けてくれ、主婦の休日にさせてもらったのであった。

« 『渇き』と『旅情』 | トップページ | おすすめです! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「フランス風ドライカレー」に挑戦してみようと思います。カレー粉はどちらのをお使いでしょうか。お教えくださいますでしょうか。

Taccanさま
カレー粉は特別のものではありません。ハウスかどこかので大丈夫です。ジャガイモ、よく水気きって油が熱くなったら、少し入れてみます。シューッと吹きあがりますから、あと一つかみいれ、まぜながら少し色がついたら網杓子ですくいとり、紙の上にひろげて食塩をふりかけておきます。

ぜひお試しください。

楽しみが増えました。ありがとうございます。

カレーはずーーっと私の大好物です。
そしてドライカレーが!
言われるようになかなかおいしいドライカレーに行き当たらないのです。
このレシピを見ただけでもおいしそう!
ぜひ作ってみます。
食べ方は、 ドライカレー + ジャガイモのフライ をその都度ご飯に
かけて食べるんですか?

ワッフルといい、ドライカレーと言い、ご主人様の活躍の場面が多いですね。
先日姪が4人目の子供を産みました。外科医の夫は1週間の育児休暇を
取り、とてもスマートな「イケダン」を演じています。うらやまし~い!

ちゃぐままさん
大皿にひき肉と揚げジャガイモ半分ずつ盛り合わせ、肉のまわりにゆで卵の輪切りなど飾り、肉とジャガイモの境にパセリなど飾ります。
各自の皿に自分の分量の白いごはんを盛り、その上に肉と揚げジャガイモ好きなだけとって混ぜながら食べます。
サラダはリーフ、ブロッコリーなどに、フレンチドレッシングにちょっと醤油とチリペッパー加えたものをかけるのが合うようですね。  

盛り合わせ型と食べ方、ありがとうございました。
私のイメージしていたものとは違っていたので、よかったです。
フランス仕込みのドライカレーはちょっとおしゃれですね。

我が家では揚げ物をしないようにしているのです。
ポテトチップスで代用できませんよね…?
やっぱり針状のポテトでないとおいしくないようでしょうね。

ちゃぐままさん
おやおやお料理上手のあなたが揚げ物をなさらないとは!
この極細揚げポテトは”must"です。
これと合わせるからこそ、おいしさを味わえるので、ポテトチップスでは興ざめですね。
この料理の一番むずかしいところは、この揚げ方をマスターするところでしょうか。

やっぱりそうなんですね~。
イメージしてもここがポイント様な気がしました。

ポテトに限って揚げてみましょう。
ポテト類の揚げ物が難しいのは経験済み。
クワイせんべいの揚げ方で一度だけ満足した記憶があり、
なかなか満足がいきません。

ちゃぐままさん
ぜひお試しを!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/55208215

この記事へのトラックバック一覧です: フランス風ドライカレー:

« 『渇き』と『旅情』 | トップページ | おすすめです! »