2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 吉田秀和さんの追悼記事 | トップページ | なおも読みたい »

2012年6月 1日 (金)

どうなっちゃったの、NHK!!

とかく見過ごしているような情報を、いつもタイミングよく教えてくれるAさんからメールがあった。「今日深夜12:00 からEテレで吉田秀和さんをしのんで、が放映されます…」
えっつ!深夜、なんでまた!
本来ならゴールデンタイムの八時か九時に放映すべきなのではないか?
今夜、教育テレビ夜八時の番組は「団塊スタイル 男のファッション講座」である。
NHKの価値判断が昨今、急激に変わってきた。
朝、六時に目覚めて、BSプレミアムをつけたら、世にも妙なる歌声が聞こえてきた。不世出のソプラノ、マリエッラ・デヴィーアのリサイタルであった。
これも以前なら、夜八時か九時の放映が当然の番組である。

高齢者は早起きに決まっている、クラシックなんぞ、朝の六時でいいじゃないか、という判断か?
では深夜の追悼番組はどうなのだ?録画予約でいいだろう、なのか?
バカにしている!!

先日、中学のクラス会があったとき、NHKの番組などを作っていたひとがいた席で、わたしはNHKへの怒りをぶちまけた。全員が大きく、うなずき、声高に意見を述べた。その元NHKの彼女まで「本当にそうです」などと言うのである。

BSプレミアムで、毎日番組表をチェックするが、見たいものは一つか二つ、それに再放送がやたら多い。
ハイヴィジョンのときのほうが格段にすぐれた番組が多かった。
FMラジオでは、フィッシャーディスカウの四時間に及ぶ追悼番組は実に充実していて満足したが、テレビのほうでは追悼番組がこんなに後れてしかも深夜だとは。

こうも番組編成が変わってしまった理由を知りたい。
腹の虫がムズムズしっぱなしである。

« 吉田秀和さんの追悼記事 | トップページ | なおも読みたい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

賛成!!! この歳になって、世の中が半分でも分かりかければ、知れば知る程、マスコミって信用できない!! 世代が代わって、ますます何処かの国の手先なのかと思う。 それ程世論を煽動するモンスターだと思う今日この頃です。 一方、尖閣諸島を東京都が買い取る口座に既に10億円とか。 日本を愛している人も多いのだと、再発見する今日この頃。 NHKも聴視料払いたくなくなる番組の多い事!! 再放送でもくだらないお笑いよりいいと思う今日この頃。 地デジアンテナに換えなかったので、所謂NHKは見ていないので、BSのみで暮らしていますが。
今日この頃は、私達が育った古き良き時代では最早ない、それを許して子育てした世代、それを良しとした世代が払うべき代償なのでは、と思う今日この頃。。。 暗いですね。
歴史、科学、文学、芸術、あらゆる方面にアンテナが無いと、本当の文化人は育たないということですよね?! 子や孫は真の文化人になってもらいたいです。 そして知識だけの追求だけでなく、人としての優しさも備えて欲しいですね! それが、本来の日本人の在り方だと思います。偉そうでごめんなさい!! でも最近、ず〜っとそう思って暮らしていたものですから。

れいこさん
素晴らしい応援のコメントありがとうございます。さすが、あなた、わたしがもっと言いたかったことまで、秩序だてて、述べてくださいました。
でも所詮、なんとかの遠吠えに過ぎないか、と思っていた矢先、きのう一日だけで1000に近いアクセスあったんです。
ネットの不思議ですね、これって。

はじめて拝見いたしました。
昨晩、笹本恒子女史の「人生を長く幸せに生きる術」のことばを聞き逃し、検索しておりましたら、このステキなブログに遭遇いたしました。これからも楽しみに拝読させていただきます。

Tacchanさま
コメントありがとうございます。
突然アクセスが異常な増え方をしたわけがわかりました。
また笹本さんのおかげでしたか・・・みなさん、いかに人生を長く幸せに生きたくていらっしゃるか、・・・なるほど、そうだったんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54852138

この記事へのトラックバック一覧です: どうなっちゃったの、NHK!!:

« 吉田秀和さんの追悼記事 | トップページ | なおも読みたい »