2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 友情のアート | トップページ | 歌声の謎 »

2012年5月 3日 (木)

言いがかり

イタリア映画祭三日目、午後の部、開場まで十数分、間があったので、途中で買ってきた稲荷ずしを食べておこうと思った。
朝日ホール階下のベンチはほとんど占領されていたが、ギャラリーそばの四人がけのベンチに空きを見つけたので、すべりこんだ。右側のひとは端に荷物をおき、斜めがけに座ってこちらにお尻を向け、2人分占領している。わたしが座ってからこちらを振り向いたが席をつめてはくれなかった。
食べ始めて右隣がまた振り向いたので、何を気にしているのだろうと思ったが、そのまま食べ続けた。カタギリハイリみたいな風貌だった。
するとまたそのひとは振り向いて言った。「ちょっと、あなた、ぶつからないでよね」
わたしは思わず言い返した。「ぶつかる、なんてしてませんよ。そちらのほうがゆとりがあるじゃありませんか。こちらは窮屈だから、さわったかも知れないけど、ぶつかるなんて…」
相手の声がでんぐりがえった。「もう二度もぶつかってるのよ。すみませんくらい言ったらどお?」

わたしはあやまらなかった。左隣のひとは何か察したように席を立った。わたしも席を立って、ギャラリーに入った。
ちょっと胸がどきどきしていた。渋谷では目が合っただけで刃物で刺された事件も起きている。もしそういうひとだったら、と思って上着をぬぎ、印象を変えたつもりになって、ギャラリーからしばらく出ないで、開場し始めてようやく、エスカレーターを上った。
指定席である。もしも隣り合わせになったらどうしよう!幸い、そうはならず、それらしいひとも見かけなかった。

落ち着いてみると、言い返した自分が愚かだったと後悔した。すぐ席を立つべきだったのだ。
相手のイライラ気分に負けん気おこして自分を貶めてしまうなんて、バカだ、バカだ。
なんとも空しい自己嫌悪で、映画を見るまえのはずむ心がすっかりしぼんでいた。

« 友情のアート | トップページ | 歌声の謎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前、何かのテレビで某司会者が「そういう非常識な奴は人間になって日が浅いねん」と言ってました。

彼曰く、輪廻転生によって、畜生や餓鬼など低い品(ランクのようなもの)を経て、修羅や人間などに上がってくる。もちろん1回だけ人間をやって、来世ですぐに天上に進めるわけやない。徳を積まな何度でも人間をやるし、それで普通やで。そんでな、人として「それちゃうやろ」と思うような非常識な奴は、まだ人間1回目の奴かもしれへん。せやから、しゃーないねん。

確か、そんなことを言っていて、えらく納得してしまいました。きっと隣り合わせになった方は、人間1回目だったんですね。それにしても災難でしたね。

おばさんさま
またまた、胸にじ~んと来る深いお言葉ありがとうございました。
わたしもこの世はあの世のため修行の場所だという言葉を聞いたことがあります。
いい歳をしてすぐカッとくるわたしも修行が足りないんです、ほんと。

これって本当にあったこと?と信じられないくらいです。
それもイタリア映画祭という文化行事でしょう?

《言い返した自分が愚かだったと後悔した》なんてことは絶対にありません。
どこかで、その人にマナーやエチケットやルールや譲り合いや優しさを
教える機会が必要だったのです。(効き目は全くなく、いやな思いだけが
残ったのが悲しいですが)
正当な必要な言葉です。そのまま席を立ったら、帰宅されてからきっと後悔
されたと思いますよ。

でもせっかくの映画が、違うことに気を遣わなくてはいけなくなり、やっぱり腹が
立ちますね。
cannellaさんの周りには良識的常識的な人ばかりで、世の中には、現実に
こういう人もいることがわかり、それはそれで一つの経験かもしれません。

おばさん様のコメント、なかなか味がありました。

ちゃぐままさん
お励ましのコメント、うれしく、ありがたくいただきました。イタリア映画祭には数年通っていますが、イタリア好き、映画好き、のマニアックな人は多いものの、感じの悪い人には出遭ったことがなかったので、驚きました。
近頃の東京は若いひとはスマホばかりを操り、高齢者は問題を抱えたひとが多くても、それを話し合う場があまりなく、ともかくコミュニケーションン不足で多かれ少なかれ、イライラしやすい状況があるような気がします。

まあ!cannellaさんのような上品なご婦人になんてことを!
もう、本当に腹が立ちますね。でも、そのあとドキドキしたって、なんとなく
わかります。言い返した自分に対してもいやな気持ちになったのですね。
でも、黙って席を立ったら「あーー、やっぱりなんか言ってやれば良かった」と
ずっと思ったかもしれませんよ。無事で良かった。

ご無沙汰しています。先月はまた香港に行ったりして、遊んだり忙しくしていました
が、こちらのブログはたびたび覗いていて、cannellaさんがお元気そうな様子を
嬉しく拝見していました。

あんまり怒ると血圧上がりますよ~~。笑って、笑って!

へこたんさん
お久しぶりです。ブログを更新されていなかったので、どうしていらっしゃるかと、お案じしておりました。そうですか、やっぱり香港だったのですね。息子もGWに五泊してきて、アーモンド味の落雁みたいなお菓子、取引先から土産もらった、と持ってきてくれました。
お菓子もいろいろあるみたいですね。
うれしいコメントありがとうございます。
夫も言います、ヘソ笑い、ヘソ笑いって。
低血圧、低体温なので、すぐにどうってことないんですけど、自己嫌悪になるような状況をできるだけ作らないようにしなければ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54621489

この記事へのトラックバック一覧です: 言いがかり:

« 友情のアート | トップページ | 歌声の謎 »