2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 歌声の謎 | トップページ | ハグをあなたに »

2012年5月10日 (木)

パンケーキ物語

パンケーキが無性に食べたくなるときがある。
それはきまって土曜か日曜、ちょっと重たい朝食、朝昼兼用、ブランチで済ましたいというとき。
日本のホットケーキは英語の日本語化で、欧米ではパンケーキ(正しい発音はパンケイク)でないと通じない。
日本のホットケーキあまりにもケーキ化していて、お菓子のよう。ほんとのパンケーキはもっと薄くてやわらかく、バターとメイプルシロップがしっかり染みとおる。
市販のホットケーキミックスではパンケーキにならない。ようやくこれなら、と探しあてたのが、F&Fで売っている、『Maisyのおきにいりホットケーキミックス』という黄色地に絵本の主人公メイシーちゃんが描かれているブランド。
けれども、うちでつくるのがしんどいとき、自由が丘の『花きゃべつ』に出かける。ここはなんともう37年も続いているのだ。付近にこじゃれたホットケーキ専門カフェなどできたが、そんな店などなんのその、しっかり繁盛している。
アメリカにはパンケーキハウスがあって、ウイークエンドはとりわけ繁盛する。
一昨年、数年ぶりに以前暮らしたことのあるエヴァンストンを訪れたとき、パンケーキハウスにいそいそ出かけたのだが、がっかりした。一皿に八枚もついてくるパンケーキ、重曹くさくて、おいしくなかった。『花きゃべつ』のほうが数段上なのである。アメリカは日本に負けている、と思った。

独特の朝食で有名なイタリアでも、パンケーキを朝食で出すB&B(Alla Buona Stella)がトリノにある。
パンケーキミックスなど、イタリアにはないから、手作りの調合だそうだが、鉄製のフライパンで焼く、正真正銘のパンケーキ、生ジュース、ヨーグルト、生ハムまでついてくる、夢のような朝食、部屋も小さなバルコニーまでついているローラ・アシュレー風の美しいインテリア、ここでの二泊のステイをなつかしさも新たに、何度も思い出すのである。

« 歌声の謎 | トップページ | ハグをあなたに »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

いつも拝読しておりますが、初めてお便り差し上げます。
花キャベツ!まだあるのですね。懐かしいです。大学生の時に行きましたから、30年前です!。そういえば、そのころは、アンナミラーズもありましたし、ちょっとニューイングランド風の内装でサンドイッチを出す店もありました。
私は、結婚してから、日本各地、米国と転々としておりましたので、自由が丘に行く機会がなかなかありませんでした。今秋、東京に戻る予定ですので、花キャベツ再訪したいです。

中田さま
コメントありがとうございます。
『花きゃべつ』健在なんです。移り変わりがとりわけ激しい自由が丘、37年は立派ですよね。
『アンナミラーズ』なつかしいです。あそこのチリバーガーが大好きでした。乙女チックのウエイトレス、男性にも人気と思われたのに、どうしちゃったんでしょうね。

パンケーキとホットケーキ、何となくその厚さと硬さで区別していたけど
楽しい話でした。納得しました。
ロシア料理のレストランで食べたのがまさにここに書いてあるパンケーキでした。

朝食のバイキングでもパンケーキらしきものもありましたが、もっぱらパンを食べていたので、今度機会があったらパンケーキにしてみようと思いました。

そういえばミラノで食べた朝食はとてもおいしかった記憶があります。
いまだに娘がミラノの朝食のことを言います。
ミラノとローマやフィレンツェはやはり違いますか?

ちゃぐままさん
場所で違うというのではなく、ホテルやB&Bなどの質によるのではないかと思います。必ずしも高いホテルがおいしいとは限りませんしね。

初コメントはやはり私らしく(笑)グルメ関連になってしまいました。

ホテルの朝食でパンケーキはまだ経験はありません。昨年NYのセントラルパークに面した朝食で有名なレストランで食べましたが、味はまあまあ。でもお値段が土地柄でしょうが高過ぎました。

トリノへ行くことがあれば、絶対このB&Bに泊まりたいとHPを検索してお気に入りに保存しました。その日が来るのかどうか・・・。

自由が丘には学生時代にあの沿線に住んでいて、良く遊びに行きましたが、花キャベツはまだまだできていない時でした。歳もバレバレ(汗)

aliceさま
コメントありがとうございます。
トリノの宿、おすすめです。
ちょっとわかりにくいところですが、実は鉄道駅、バス停に近く、宮殿までも徒歩10分、しかも近くに上質のメルカートが出ます。
語学校の校長の推薦場所ですが、あそこのパンケーキが、と目を丸くして言っていたあの顔を何度も思い出します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54679894

この記事へのトラックバック一覧です: パンケーキ物語:

« 歌声の謎 | トップページ | ハグをあなたに »