2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 穴が…… | トップページ | 吉田秀和さんの追悼記事 »

2012年5月25日 (金)

チェンジ

新聞の購読を『毎日』から『朝日』に変えた。
五年まえ、本を出版したとき、その広告が載るというので、『朝日』をやめて『毎日』にしたのだが、当時の『朝日』は偏向度がひどくて、『毎日』のほうに落ち着きを見出し、そのまま読み続けていた。
だが、近頃、物足りない。読みたい記事が少ない。とりわけ、文芸の記事や、本の新刊の広告、コンサート情報など、新鮮味がない、旧態依然に陥っている。
マッサージの医院に『朝日』がおいてあるので、行くたびに読んでいるうちに気がついた。五年まえとは明らかに違っている。改善努力をしていることがわかってきた。
たとえば今朝の朝刊、『毎日』の一面トップは原子力委の「秘密会議 委員長も出席」の見出しだが、『朝日』のほうは六面で扱い、見出しも「原子力委、密議20回以上」委員長「資料配布やり過ぎ」つまり、見出し上手で、中身が読みたくなる効果をあげている。
『朝日新聞』の名前のそばに天気予報を並べている配置も気に入った。
あとコンサート情報、広告に満足。
江口玲のピアノリサイタルを載せてくれるセンスの良さ、もっともあわててチケット手配しようとしたら、すでに完売だったけれど。
きょうの夕刊には週末を意識してかデパートの催事場やセールの広告、情報をまとめて載せている。
広告の量の違いもあるのかもしれないが、朝刊、『毎日』は28ページ、『朝日』40ページ、値段は同じなのだ。
夕刊は一時間以上まえに届く。
だいぶ改革したんじゃない?と購読申込みをしに行ったとき販売店の主人に言ったら、大きくうなずいていた。

トイレットペーパーやティッシューボックス、ゴミ袋などのプレゼントが届いたとき、わたしは留守で、夫がオレは朝日嫌いなんだけどな、と言ったらしいけど、販売員は奥さまにくれぐれおよろしく、と深々と頭を下げたそうである。


« 穴が…… | トップページ | 吉田秀和さんの追悼記事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さすがですね、同じ記事を比較してみるとは!
その偏向云々で毎日をとっている人を良く耳にしました。
我が家も数年前まで日経と朝日を取っていましたが、特に
何も考えずに読んでいました。恥ずかしい・・・。
今ではあまりに新聞代が高くなったので日経だけ。
これが文化欄が充実していて、新聞小説がいいので
やめられないでいます。

ちゃぐままさん
日経が好きな方は多いようですね。文化欄、家庭欄がいいと聞きます。
わたしは音楽、映画、演劇など芸能方面も関心があるので、迷うところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54798220

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジ:

« 穴が…… | トップページ | 吉田秀和さんの追悼記事 »