2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 劇団民芸『マギーの博物館』を観る | トップページ | 咳だけの風邪? »

2012年4月10日 (火)

花見ラストスパート

今年はサクラの開花が遅かったので、早咲きから、満開まで、近所のしだれの名所も含めてゆっくり、じっくり確認することができた。
そしてきょうY子さんとT子さんと一緒に花見のラストスパート。
どこか違うところに行ってみたい、とおっしゃる二人、わたしには三度目の神田川に案内する。
高田馬場からバスで三つ目、西早稲田で降りて、甘泉公園を経て、神田川に下る。
初めてではないのに、川を覆うほどにしだれる満開の桜花の風情は息を呑む美しさだ。
しかも神田川は目黒川や、吞川より一段と深いので一層の迫力。
T子さんが「花筏」がきれい、とつぶやいて、さすが、こういう言葉があったのだ、と日本語の語彙の豊富さに感動。
ほとりを三十分ほど歩いて、椿山荘に到着。無料で中に入り、庭園散策、ピンクのしだれがまさに満開。五十年以上も変わらぬたたずまいの樹木、管理の素晴らしさに感嘆する。
お茶を飲もうと思ったが、行列なのであきらめ、玄関前のバス停から目白に出る。
とうに一万歩は歩いたと思われるが、美しいものを堪能したせいか疲れを感じなかった。

近所のしだれの枝002_2

012_2
009
神田川二景


 
         013_2
椿山荘のしだれ

« 劇団民芸『マギーの博物館』を観る | トップページ | 咳だけの風邪? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この季節はやはりお友達との交流も盛んなようですね。
パッと集まれるところが皆さんお元気の証拠、いいですね~。
「花筏」、美しい言葉ですね。
台湾に旅してふと思ったんですが、日本人の細やかな感情は
「助詞」があるからではと。
台湾の漢字ばかりの言葉では細やかな表現はとてもできないだろうと思いました。
「私は」「私が」、「は」「が」で心の動きがまるで違います。それを日本人は文字で
きちんと表現するんですもの。
この細やかさが、日本料理にも表れるんですね。

神田川と椿山荘!!その手が有りましたね!!!とっても美しい神田川のお写真、ため息物です。明日が雨で桜が散ってしまうのではと危惧して、今日も出かけて来ました。芝の増上寺と東京タワーの足元の豆腐屋うかい亭。増上寺と東京プリンスの間の道は、短いけれど最高でした。でも、神田川には敵わない様ですね。明日の雨が恨めしいです。明日は目黒川で花筏を見ようと、クルーズを予約したのですが、雨のためキャンセルしました。高輪の桜を見て、八芳園まで歩こうかと予定しています。雨の前、最後のお花見になるかも知れません。本当にラストスパートです!
鵜の木1丁目40辺りに有る、増明寺をご存知ですか?環八の1本外側の昔の細い道沿い、知る人ぞ知る、、、枝垂れ桜が見事でした。明日午前中なら、まだ綺麗かも。最寄り駅は下丸子。昔は沼だった所に大きな宗教の塔が建っていて、それを超えてから、環八方面に上がって見つけました。

ちゃぐままさん
体調を気づかいながら、やっと出かけたという感じです。
日本語は相手を思いやる気持のこもった、美しく、優しい言語だと思います。英語では動詞で表現するところを形容詞で表現する場合が多く、その形容詞、形容動詞の多様なことでも、細やかな感情表現を可能にしていますね。

れいこさん
お褒めのお言葉うれしいです。写真はまだ自信がないので。
あなたもずいぶんあちこち出かけられましたね。早咲きを知ったのはあなたのおかげです。
今年は本当に十分に満喫しました。でも実は梅のほうが好きだということを悟っているこのごろです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54440643

この記事へのトラックバック一覧です: 花見ラストスパート:

« 劇団民芸『マギーの博物館』を観る | トップページ | 咳だけの風邪? »