2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« サクラ咲く | トップページ | 午後の閑談 »

2012年4月 1日 (日)

ミモザ咲く

我が家のミモザもようやく花開いた。若い樹のせいか、たわわな花ではない。「花付きも中くらいないおらが春」である。003_2

四月になってもまだサクラの蕾は固く、肌寒さが消えていない。新聞の一面に大地震の予想記事が出てくると、気持が沈む。春の陽射しが明るければ明るいほど、気持のほうは反比例である。
腕の痛みは消えていない。それでもうずくほどではなくなっているので、家事はずいぶん楽になった。朝いちばん、目薬をさすときに痛みがうすらいできたのを実感する。

きのうブリッジゲームをしたときのパートナーは同年齢だが、外食のために着がえて出かけるのが億劫になったと言っていた。十数年、ヌカミソを漬けているひとである。「主人はほんの一切れ、二切れ食べるだけ、それでもわたしが好きなので、」と言いながら、沢山食べてと、タッパーいっぱいの漬物をすすめてくれた。ほどよい塩加減、ほんものという香りがする。あまりおいしいので、食べきれない分は持ち帰らせてもらった。
でも、この歳、主婦業、疲れるのよね、にうなずく。それでも自分の味にこだわりたい。何食べる?を考えながらの一日、片づけがのろい、でも時間がたつのは早い。

スーパーにはもうタケノコが出ている。引越しを二度したサンショの苗木、発芽の兆しがないので、新しい苗を買おうかと、ネットで市場を見たら、1500円もするのだ。あの苗は300円ぐらいで『花工場』で買ったのに。
念のため、『花工場』に出かけたら、売れ残り二鉢を見つけて、歓声をあげ、あわてて買った。
ウッドデッキのサンショの鉢に植えかえようと、しゃがんでみたら、なんと新芽が出ているのである。植物から元気をもらう。タケノコ料理に精が出るというものだ。
ついでに買ったイタリアンパセリ、とバジル、これを空いている鉢に植え、ローズマリー、タイムに加えて、我が家の小さなハーブ菜園はとりあえず、整った。

« サクラ咲く | トップページ | 午後の閑談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミモザ、すてきですね~!
ゆで卵の黄味を裏ごししたのと全く同じなんですね~。
若木とあるけど、今度のお引越しのあと植えられたのですか?
植えてみたくなりました。

サンショ、健気ですね~。実はよく買いますが、やっぱり植えた方がいいのかな・・・。
小さなハーブ園、名前もいいですね~。バジルは、スパゲッティや
サラダに使うくらいで、すぐ大きくなって最後はトウがたって終わり。
なかなか上手に使えないんですよ。
今クレソンがキッチンの窓辺のグラスで根を出しています。

いつも左上の写真が素敵だな~と思っています。
「ひとことコメント」があるとうれしいですが・・・。

ちゃぐままさん
いつもうれしいコメントありがとうございます。
ミモザは新築のときに通りに面したところに植えた我が家のシンボルツリーです。
いま3メートルぐらい、花付きもいまいち。
サンショはあなたのようにお料理名人ならお庭に植えられたほうがいいと思います。
いちいち買われるなんて、そんな!
バジルはスープに散らしてもいいし、サラダ(コールスローなどの)に刻みこんでもいいし、重宝します。トマトをカットして、バジルをたっぷり混ぜ、オリーブオイルと塩コショー、フランスパンをガスの自火でちょっと焦げ目がつく程度にやいて(なぜかトースターよりこの焦げ目がいいとフィレンツェのパドローナに習いました)上にのせたブルスケッダもいいです。

ちゃぐままさん
これは去年ロンドンのハイドパークで撮ったもの。これからは注を入れますね。

ブルスケッダは、単純にブリスケッタといっていました。
作り方、ありがとうございます。
これまた、外で食べたものを見よう見まねで自己流でしたから
嬉しいです!バジル抜き、トースター使用でした。

下段の写真はやっぱりロンドンなのですね。
雰囲気的にそんな感じがしていました。
注が入ると聞いてありがたいです。わからないと何となく気になるものだから。
いろいろな世界の花の写真があるので、日替わりではもったいない気がします。
左側の欄にアルバムが作れるといいですね。
きっといいものができると思いますが。

昨年ロンドンにいらしたのですか?
私も、昨年3月末から2週間、娘達と過ごしました。
3月末のロンドンは春真っ盛りで、桜もマグノリアも水仙も満開で、暖かくてびっくりしました。東京の方が暖かいと思い込んでいたのは、間違いでした。 ロンドン、また行きたくなりました。
我家の桜2分咲きになりました。ミモザは今が見頃ですね? 今日、五反田迄歩きましたが、雪谷大塚と石川台の間の2軒のミモザも花盛りでした。黄色は春の色で、元気をもらえます。
フワフワッとした柔らかな感じの花が、何ともいいですね!!
荏原病院、洗足池、呑川、目黒川の桜はまだ一分咲きです。
木の芽も筍には欠かせませんね! 私も数年前に花工場で買ったのが、もう2mの木になって、毎年葉も実も醤油漬けにして楽しんでいます。私の山椒も見てみなければ!!気づかせて頂き有り難うございます。

ちゃぐままさん、
わたしのブログはエッセイブログなので、プロフィル用の写真は飾りのようなものなんです。

れいこさん
お元気ですね~。よく歩かれて。わたしは花見を十日に約束していますが、花見時は好天が少ないので、心配です。

イタリアでは3月8日が「ミモザの日」ですね。
きっとcannellaさんはイタリアの陽差しのような
あの色がお似合いでしょうね。

拙宅にも黄色いお花があります。モッコウバラのアーチがあり、
毎年ゴールデンウィークのころ、見事な花房を咲き誇らせます。

花と言えば桜、となるのが日本人ですが、黄色いお花も
見ているだけで、心に光が差すような気がしますね。

追伸:今日、山椒の木を点検しましたら、可愛い若芽が枝の先に出ていました!!夕食に若竹煮を食べましたが、木の芽と一緒だと、本当にいい香りでした。 是非、地植えしてみて頂きたいです。庭の隅に生えたフキノトウが20cmを超えて育ってしまいましたが、摘んで下茹でしてから、だし醤油とごま油で炒めましたら、柔らかくて春の味がしました。春の香りと味が身体を春夏仕様にしてくれる気がして、日本人の春の食べ物にしみじみとしている私です。Cannellaさんのハーブも元気に育ちますように!!!人は植物を育てながら、育てられているのを感じますね。

れいこさん
以前の庭にはサンショの木があったのですが、庭がなくなるのを予知したのか、枯れてしまいました。今度の坪庭で育ってくれるかどうか…植木鉢のほうがいいかとも思います。
旬のものをよく召し上がっていますね。そういえば、もうフキも出ていますね。フキの葉の佃煮、大好きでよく作ります。

おばさんさま
バラのアーチ、わたしのあこがれです。以前の庭にも作る余裕がありませんでした。でもウッドデッキそばのモッコウバラいまとても勢い良く育っています。これも黄色の花だと、植えてくれたひとが言っていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54361835

この記事へのトラックバック一覧です: ミモザ咲く:

« サクラ咲く | トップページ | 午後の閑談 »