2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 花と暮す | トップページ | ミモザ咲く »

2012年3月28日 (水)

サクラ咲く

十日以上も孫息子の声が聞けなかったので、業を煮やして、ママにメールした。あんなに応援したのに、それはないんじゃないという気分(雨マーク)
きのうバスに乗っているとき、ケイタイが鳴り、ばぁば、ごめんね、という電話があったが、きょうはまた、ママから、わたし仕事なんで、ごはん食べさせてやってくれる?という依頼に、いそいそ仕度をする。お赤飯の用意、あと、カレの好きな大根と豚肉とお揚げの酒たっぷり煮、カボチャの煮物、いいお刺身がほしいな、そうだ、二子に行こう、ついでにれいこさんが教えてくれた早咲きのサクラを見よう。
というわけで、多摩堤通りを走るバスに乗り、帰りにわざわざ途中下車して撮ったのがこの写真。四本ぐらい見事な咲きっぷりであった。003_2

玉堤小学校のバス停にはゆったりしたベンチがあったので、バスを待つあいだもお花見気分。あたりを見回していたら、思い出した。
代々木で戦災にあって、家が焼けてから、引っ越したのが、尾山台、疎開していた家族が帰ってくるまで、という約束で住んだ一軒家、そこから通った尾山台小学校、二年ぐらいいただろうか。
一番の思い出はお弁当を持って、多摩川のこのあたりに来る事だった。傾斜のゆるい土手に並んでお弁当を食べるのが何より楽しかった。おかずは凝ったものでなく、ノリ弁だったり、おかかと玉子だったりしたけど、おいしくて、おいしくて。
<焼け出された方>という呼び名で扱われたわたしたち。親切にはされたけど、なんとなく、ここが我が家という気分ではなかった。
次に引っ越した、三軒茶屋の奥、太子堂に借りた家でようやく居が定まったのである。

« 花と暮す | トップページ | ミモザ咲く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ばーば役も母親役も大変ですね~。でもいそいそと・・・!
おまけの桜の花までついて、入学と桜がこの春の特別編ですね。
もうこんなに開花しているのですね~。

福岡ではソメイヨシノがやっと開花しました。
若いころは桜の花が華やかすぎて好きではなかったけど、
10年ぐらい前から、桜の季節が待ち遠しくなりました。
人生がさみしくなると華やかな花の美しさが心にしみます。

ちゃぐままさん
台湾旅行のお疲れは出ませんでしたか?
今年は春の訪れが遅かったせいか、サクラにも、よく咲いたね、という気分になります。
でも一方で、来年のサクラが見られるだろうか、と言っていた母たちの気分にもなりつつあります。

cannellaさんの、おばあちゃまとしての可愛い一面・・・発見です!  いつも

論理的で、意志的な筆致のcannellaさんですのに!

そういう私も、8歳の孫と1日を過ごしたくて、娘に、孫を国立科学博物館に連れて行くことを提案し、明日、学童でキャッチアップすることにしています。

Biancaさん
お孫ちゃまは8歳ですか、一番かわいいときですね。
学童、児童館、公園めぐり、わたしもずいぶん一緒のときを過ごしました。

こんばんは。
お孫さんにとっては、優しいおばあちゃま。
お嬢様にとっては、頼もしいお母様。
見事に果たされ素敵な女性の鏡だと思います。
少しでも近づくことが出来れば・・・・・・・。
忙しくっても、さくらを愛でるゆとりを忘れない。
大切な時間でしょうね。

おばさんさま
こういうありがたいコメントを直接聞かせていただけるのもブログの醍醐味だと思いました。
過分なお言葉、恐縮しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54332230

この記事へのトラックバック一覧です: サクラ咲く:

« 花と暮す | トップページ | ミモザ咲く »