2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« マイク・リーの世界 | トップページ | 『週間ブックレビュー』終了 »

2012年3月18日 (日)

クレナイ族

私たち夫婦の金婚式のことは、去年から息子と娘にインプットしてあったのに、何の音沙汰もなし。
娘は長男の大学受験でキリキリしていたし、息子も中国などの海外出張続きで同じ家に寝起きしていながら、ゆっくり顔を合わすことがない。
何も祝ってクレナイのよ、とブリッジで会った友人たちに言ったら、あなたね、今は祝ってもらうんじゃなくて、こちらから、よくこれまで元気に過ごさせてもらったって、ご馳走するのよ、と言われてしまった。
孫息子はどうやら、大学生になれることになったが、おめでとうと言いたくても、ケイタイは通じない、声も聞かせてクレナイのだ。娘も手続きに忙しいなどと言ったあと連絡がつかない。
クレナイ族状態を嘆きつつ、愚痴をこぼす相手がいるからまだましなのかも知れないが、その相手からも、もうオレたちは必要とされてないんだ、放っとけ、放っとけ、助けがほしければ言ってくるさ、それだけ自立してるってことじゃないか、なんて言われると、私たちが親たちにしてきた時代に比べて、何と寒々しいことかと、心中もやもやとくすぶるのである。

« マイク・リーの世界 | トップページ | 『週間ブックレビュー』終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お孫さんの合格、おめでとうございます。そして、もやもやされるお気持ちはよくわかります。私たちの親の世代は子供に尽くされて当然と思っていたようですが、いまはそういう時代ではありませんものね。

きく子さん
ありがとうございます。ようやく収まりがつきました。
ともかく家族のあいだでも意思疎通がむずかしい時代ですね。


2度目のコメントです。

いつも、フムフムと同感しながら、楽しく拝見しています。

本日、貴著「ホームステイのイタリア ばぁばの一人旅」  を入手し、一気に読了しまし

た。  大感激です!!

大いに啓発され、私にも(これから・・・・があるのだ・・・・)と生きていることを嬉しく思い

ました。

大切に育てられたお孫さんの合格、おめでとうございます。
♪~q(^-^q) q(^0^)p (p^-^)p~♪

我が家も全く同じクレナイ状態で、思わず笑ってしまいました。
もう、もやもやすることすらなくなりました。
「親思う心に勝る親心」とかなんとかありますよね。
いつまでたっても親心は捨てられないようです。

今日は夫の誕生日。二人でお祝いをしてきました。
子供からはメールもなし、プレゼントもなしの「ナシ」族です(´゚Д゚`)

私は親に迷惑をかけて留学をさせてもらった身でもあるので、誕生日等には何かしら送るようにしています。 しかし親の近くに住んでいる兄は「無き便りは良き便り」状態なんだとか。理想の和気藹々家族というのは、現代社会には珍しいものなのかもしれませんねぇ。

Biancaさま
コメントありがとうございます。そして拙著もお求めいただき、ご感想、感謝いたします。
だいぶ情報が古くなりましたが、イタリアにはまだあのとき感じた輝きが現存しております。生きる喜びを教えてくれる国です。

チャグママさん
ありがとうございます。
「親思う心に優る親心」いい言葉を思い出させてくださいました。正しく言い得て妙ですね。優ってばかりいる毎日です。

SEIKOさま
「無き便りは良き便り」、またもいい表現ですね。
ブログのコメントから学ばせていただくこと多く、同感していただく喜びも多く、感謝しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/54249131

この記事へのトラックバック一覧です: クレナイ族:

« マイク・リーの世界 | トップページ | 『週間ブックレビュー』終了 »