2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« アルマーニ風に | トップページ | 紅葉見物 »

2011年10月30日 (日)

『東京オアシス』

贅を競う銀座には珍しいこじんまりとした映画館、レストランビルの中、開場を待つひとのために入り口に椅子も用意されている。有楽町駅の中央口を出たすぐ、イトシアビル四階、映写室は二箇所で、時間を区切って四本の映画が上映されているヒューマントラストシネマ銀座。
そこで『東京オアシス』を観た。
出演者の顔ぶれを見ただけで癒し系の映画だと期待。小林聡美、もたいまさこ『かもめ食堂』の感激がよみがえりそう、原田知世、市川実日子など日ごろ好感を持っている二人までも共演、しかもタイトルに<オアシス>とうたっているのだもの、と。
ところが冗長な作品だった。
あまり売れていない女優が偶然の機会に挫折しかかっている人々と出会って短い会話をする。高速から眺める東京の夜景、昼間の公園、ケヤキの大木のある横丁、小さい映画館、動物園などが延々とまるでドキュメンタリーのように映し出される。
こういうところが東京のオアシスだよ、こういう会話で癒されるんだよ、と言いたいのか、としらけてしまいそう、間があきすぎるのだ。
小林聡美という女優さんは大好きなのだが、ちょっと精彩を欠いていた。役柄がまさにそういう境遇だとしても、三谷幸喜監督との離婚が尾をひいているのかな、などと連想させてしまう、そんな隙間を観客に与えるようであってはならない、女優が女優だと思わせないほどの演技でドラマの中に入り込ませてくれるのが映画の喜びなのではないのか。
これは脚本が甘い、手抜きだ、淡々とした描写が過剰、冗長なのに、何を伝えたいのか舌っ足らずじゃないの。そして、えっつ?もう終わりなの、と声を出したいほど、あっけないエピローグ。

さて、せめて買い物でも期待にこたえるものを、と交通会館で北海道の物産店に入り、トラピストのクッキーと松前漬けを買う。
双方とも満足この上ない味であった。

« アルマーニ風に | トップページ | 紅葉見物 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/53122012

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京オアシス』:

« アルマーニ風に | トップページ | 紅葉見物 »