2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 見つからない | トップページ | こんまり語録 »

2011年10月14日 (金)

働く日

今年もまた、奨学金の基金サポート、版画展示即売会で三日間ボランティアの仕事をする。
およそ二百点以上の版画作品をじっくり鑑賞するチャンスでもある。

この国際婦人クラブに四十年在籍したということは四十年間版画を観る目も養われてきたことになる。

木版、リトグラフ、シルクスクリーン、エッチング、コラージュ、さらに複数の手法を組み合わせた新手法も加わり、黒白から極彩色まで実に多彩、今回は手法別、テーマ別の整理も行き届いていて、見比べるのに一段と趣が増す。
全作品が同じ黒縁の額装なので、心ときめく自分好みの作品も選びやすい。色使い、テーマ、抽象、具象にかかわらず、作者の訴えるものが読みとけそうな瞬間をもてるかどうかだ。
画面に配置された空白部分でさえも意味を持つ、無駄な箇所が少しもない丹念な描写にじっと見入る。

被災地に売り上げ全額を寄付するという老大家の小作品に心ひかれ、ひさしぶりに購入したいという切実な欲求がわいた。
かつて馬をテーマにする大型作品が評判だった中山正さん、今回は少女や少年を主人公にした小品三点が必見である。
紫の色彩がにおいたつ、鳥と少年、二羽の小鳥をカゴ越しにじっと見入る少年の横顔が幼い日の孫息子を彷彿とさせて、これだ、と即決した。
(56回CWAJ版画展示即売会10/15(土)11:00am-6:00pm,10/16(日)11:00am-5:00pm 東京アメリカンクラブ、入場無料)

« 見つからない | トップページ | こんまり語録 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/52991617

この記事へのトラックバック一覧です: 働く日:

« 見つからない | トップページ | こんまり語録 »