2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 世襲に好奇心 | トップページ | 『おひさま』終わる »

2011年9月30日 (金)

すぐれもの出番

近くの安売り青果店でオレンジがなんと、一個19円、迷わず数個買い求めた。
まずは生ジュースに絞って飲んでみたが、やはり値段は値段、甘みがイマイチ。
そうだ、久しぶりにオレンジケーキを焼こう。
一挙に涼しくなってホットコーヒーが恋しい。お供に手作りケーキ。焼こうという意欲があるというのは、それができるほど、腕の痛みがとれたということ。

そこで活躍するのが写真のピーラー、すなわち果実の皮けずり器002_2


フィレンツェの迷路のような歴史地区で見つけた雑貨屋、これはなにに使うもの?と習いおぼえたイタリア語が通じたときの喜び、すぐに買い求めた。
先端がツメの鋭い指先のようになっていて、きれいに皮がけずれる。細い糸のような香りたかいレモンやオレンジの皮をたっぷり、混ぜ入れ、クッキーやケーキを焼く。
使うたびにフィレンツェを思い出す。
果汁絞りもボローニャで購入の金属の容器。プラスティックのほうにしようかと迷っていたら、オジサンが言った。こちらをすすめるよ、これを使うとき、いつもこっちにしてよかった、って、ボローニャのこの店を思い出すにきまってるから、そこまで言いきれる商品への誇り、そうなのだ、使うたびにオジサンの顔まで浮かんでくる。
いとしい道具たち。

バターの代わりにマーガリンを使い、グラニュー糖をまぜ、玉子二個を割り入れ、粉にベーキングソーダと塩少々、そして、オレンジ皮とジュース加え、コンベックのお菓子のスイッチでおよそ二十五分、オレンジの香り高いケーキ完成。

中世脂肪値、高いけど、わたしはこれがやめられない。

« 世襲に好奇心 | トップページ | 『おひさま』終わる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。オレンジのかおりが漂ってくるようで、思わず私も焼きたくなりました。
学生時代、欧風料理の教室でベルギーでの生活が長かった先生が、このピーラーをお持ちで、
欲しくて欲しくて、何年か後に見つけて買い求め、今も大事にもっています。
でも、最近マイクロプレイン社のグレーターという更なるすぐれものが出ていますよ。
チーズグレーターから発展させたものですが、とても楽に皮をけずれますo(*^▽^*)o

ryoukoさま
コメントありがとうございます。
確かに便利そうですね。ネットで確認しました。でもこれをお払い箱にするにしのびないです。愛着がありすぎて…

美味しそうな匂いが漂って来ます。いいですね。

ところで、最近テレビで使う『香り』と言う言葉が気になります。
美味しそうな味噌汁の香り、ほかほかご飯のいい香り、秋刀魚の焼けた
いい香り、全部香りになっています。これ、どうおもいますか?
今、美味しそうなオレンジの香りって書こうと思って迷いました。
オレンジに関しては両方いいかなとおもいますが、味噌汁の香りって
変ですよね。 においは下品、香りは上品って思っているおバカさんがもしや
いるのでは、と案じております。

へこたんさん
わたしも国文出身じゃないんで、かなり感覚的な使い方をしてしまうのですが、香料に使われるものは香りでいいのじゃないかと…匂いのほうが口語的ですよね。
ブログはうっかり推敲をさぼると、恥じ入るような間違いをしかねません。
ボケ防止には最適ですが…

そうですよね。あんなに大切にして重宝していたものが、
新しいものを買ってそれを使い始めると、とたんによそよそしくなってしまう。
ものを増やす原因にもなりますし・・・
だめですね(゚ー゚;

ryoukoさま
ご理解いただけてうれしいです。でも新しい情報、ありがとうございました。
フィレンツェで購入のこれはデザインがたまらなくいい!
数種の使い勝手があると、その数種を忘れそう、やはり、高齢者にはこういうときにはこれ、という方式が好ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/52869740

この記事へのトラックバック一覧です: すぐれもの出番:

« 世襲に好奇心 | トップページ | 『おひさま』終わる »