2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 漂うひと | トップページ | みちのくの味 »

2011年9月 9日 (金)

針目をそろえて

夏休み明けの刺し子のレッスンが明日なので、にわかやっつけ仕事で、やりかけのヴェストの作品を取り出す。
刺し方も忘れてしまって、ともかく、やさしいところからチクチク。
針目をそろえて、しごきを忘れないようにするのが大切。
ひと針、ひと針を大切に、は、なにか一日の歩みに似ている。

歩くときの一歩、一歩、まだ歩けて感謝の気持を持ちながら。
まっすぐ、まっすぐ、といいきかせながら。

七十を過ぎて始めたことで、一番の収穫はこの針仕事。
ともかく出来上がっていくのが楽しい。
こころが安らぐ仕事である。

小一時間ほどして、電話が鳴った。
義姉の訃報であった。

« 漂うひと | トップページ | みちのくの味 »

手芸」カテゴリの記事

コメント

お義姉さま、天国のご主人様や愛息さんに無事迎えられたことでしょう。
ほっとされましたね。
あなたもひと針ひと針、針をすすめて、やりかけの仕事を完成できるといいですね。
刺し子って祈りをこめるにはいい仕事だと思いました。 合掌

 お悔み申し上げます。ブログの文面から義姉さまへの厚いお気持ちを受け止めておりました。ご冥福を祈ります。

義姉様のご冥福をお祈りします。どうぞ安らかに天に召しますように・・・。

お忙しいと存じますが、くれぐれもご自愛ください。

へこたんさん、kikukoさん、ayaさん
お悔やみくださり、ありがとうございます。
故人の意思により、セレモニー一切なし、アメリカに住んでいる、次男が親子二人にしてくれと、火葬の立会いも拒絶しましたが、ぼくにとっては最後の家族なのだからと、夫だけが出かけました。あまりにも簡略にすぎる密葬、割り切れない気持でおります。
いずれはたどる道なのかも知れませんが…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/52683817

この記事へのトラックバック一覧です: 針目をそろえて:

« 漂うひと | トップページ | みちのくの味 »