2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« アッパッパー | トップページ | 行くべくして »

2011年8月20日 (土)

一日の終わりに

ありがたい<おしめり>だった。大地が潤っている。
正に神様のお水、この驟雨を<おしめり>という言葉で言い表すことができる、日本語がうれしい。
新しい家に植わったばかりのミモザと、葉先が茶色くなって怪しくなりかけていた、二本のハナミズキが心なしか元気になったような気がする。
三十坪ぎりぎりに建てられた家には庭はないのだけれど、その木々の根元や、わたしの自室の前に張り出したウッドデッキと隣家との境の柵の際には、雑草が生えてくる。
以前の広い庭の雑草とりは大仕事だったが、身体は自由に動かせたけれど、この柵の際にかがみこんで抜かねばならない、草抜きは難儀である。
狭い家は家事仕事が楽になったようでいて、こういうことに不自由も生じてくる。

自室のダンボール箱がようやく消えた。残っていた箱の中身はすべて書籍であったが、大型の書棚を購入したので、収まったのである。
四十年まえのアメリカ生活で、年とって時間がたっぷりできたときに読む楽しみのためにと買ったヴィクトリア・ホルトのゴシックロマン数冊が古びた姿で並んでいるが、読み出したらやめられないあの面白さはもう遠いものとなってしまった。
ペーパーバックの細かい字は眼が疲れるし、ハードカバーは重たいのである。

« アッパッパー | トップページ | 行くべくして »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/52518204

この記事へのトラックバック一覧です: 一日の終わりに:

« アッパッパー | トップページ | 行くべくして »