2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 引越しレポート 3 | トップページ | テーブル調達優先 »

2011年6月30日 (木)

高齢者の新築

高齢者が家を新築するのは稀有な例らしい。
昨年、いよいよプランニングをするというときになって、書店にでかけたが、リフォームや老人ホームの見つけ方の本は沢山あるのに、新築プランの本は一冊もなかった。
なにか途方もないことを始めるような気がして、心がはずまなくなった。
三十坪ぎりぎりに建てる総二階の家の間取りは工夫のこらしようもなく、それぞれがくつろげる個室に重点をおき、リビングルームはあきらめて、ダイニングキッチンだけにする。
ドアの形、窓の種類、床材、システムキッチン、浴室のあれこれ、あまりにも多くの選択と決断に迷いがつきまとい、ストレス過多になる。
いいものを選びたいが、統一的な構想が必要、センスがよくて、主婦経験の長いひとにアドヴァイザイーになってもらうことにした。
六十を過ぎてインテリアデザイナーになったHさん。
国際婦人クラブで知り合ってから、三十年余の付き合い、現在75歳、ご主人と伯母様の介護をしながらのキャリア。
あなたをますます大変にしちゃうかも、と言ったら、これがいまのわたしの生きがい、この仕事をしているときが一番幸せなの、と応えてくれた。
完成した家の一番の自慢は階段である。
普通二階の階段は13段だが、我が家は17段、段の高さ、<けあげ>を二センチ低くしたため、上り下りが実に楽。
夫が何度もつぶやく、この階段はほんと、よかった、と。
壁紙や建具、照明器具など、かなり彼女にお任せしたのだが、それも正解だった。
まだ十箱ほど残っている引越し荷物、箱の中身はアルバム、情報書類と本、こんどこそ徹底的に断捨離できそう、なにせ入れる場所がない事が明白になったのだから。

« 引越しレポート 3 | トップページ | テーブル調達優先 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

一連の新築&引っ越し行事(驚)お疲れ様でした。

しかし、新しいお家はナカナカ快適そうですね♪
新居でのこれからの日々も楽しく過ごされますように!

ともぞ~さん
コメントありがとうございます。
腕の痛みをかかえたバアサンと足の痛みをかかえたジイサンが快適な家にする共同作業は相当時間がかかりそうです。
きょうもこれから整骨院へ。

はじめましてコメントいたします。

偶然に何か検索していた際にこちらのブログに辿り着き、お書きになられる文章がとても心地よく響き、ときどきお邪魔しては過去の日記を少しずつ読ませていただいています。

私も夫婦でアメリカ生活を5年程したことがあります。夫もブリッジが大好きで親しみを感じておりました。

暮らしにあった新築をなさったことは大成功ですね。
私の母は80歳。何十年もリフォームせずに暮らしてきた家は、これからリフォームするにも、娘の私が手配から様々なことを全てしていく必要があり、少々気が重くなっております。

母も快適な家に引っ越ししたいけど、後10年前にすればよかったと言っていて・・・。
やはり、親には自分にあったすてきな暮らしを楽しんでいてもらいたいもの・・・母も「ばぁば」さんのように自分にあった暮らしをしていればと羨ましいです。「ばぁば」さんのお子さんはお幸せですね。

これからもすてきなブログ、楽しみにしております。失礼いたしました。

chikoさま
コメントありがとうございます。
おやさしいお嬢様ですね。80歳、新しいことをなさるのがシンドイ年齢かと思われます。でもお元気なら、まだ十年以上の可能な未来がおありになるかも。まずは断捨離をおすすめいたします。お母様のために、というより、お手伝いになることはいずれはあなたご自身のことにかかわってくるとお思いになって。
余計なことを申し上げました。でも本当に必要なものがあるべきところに収まっていてそれを移動するだけですむ生活は快適です。
アメリカ生活のご経験のあるあなたなら、きっとわかっていただけると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/52083456

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の新築:

« 引越しレポート 3 | トップページ | テーブル調達優先 »