2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 『木漏れ日の家で』を観る | トップページ | 警老測定 »

2011年6月 5日 (日)

不安がよぎる

二週間後の引っ越しを前にして、夫もわたしも体調が完璧とは言いがたい。
夫は足に静脈瘤が沢山できていたのをこの十年放ってあったのだが、ついに、その一部分が血栓性静脈炎となって痛みだした。
わたしの上腕の痛みも完治していない。
先日、泳ぎに行ったら、背泳のとき、何度トライしても斜め方向になってしまい、右と左のバランスの悪さが立証された。
それでもクロークよりバックのほうがいくらか楽なのである。
夫は病院に出かけるとき、杖がないかな、と言った。
三本ぐらい実用向きから、おしゃれ用からあったのに、探したのだが、見当たらない。
去年の引越しでずいぶんいろいろなものがなくなってしまった。
当然あるべきものがあるべき場所にないくらい、ストレスを感じる事はない。
持っていく傘といっしょにしておいたのに、あの引越し業者め、とまたもやうらみたくなるのである。
この仮り住まいのマンションには大きめの納戸がある。
そこをこの一年、整理することができなかった。
使わないものを入れたということだけは確かなのだが、それをまた出して、箱や包みをほどき確かめるという作業をする余裕も体力もなかった。
七十を過ぎてからの引越しは命とりなどと言われているのに、それを二度もやるなんて、ああ!!

« 『木漏れ日の家で』を観る | トップページ | 警老測定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

60歳になる前に家を改築しましたが、それでも二度とごめんだと思いました。どうもそのころに関節を痛めたようです。
 仮住まいから素晴らしいご新居に移られましたら、健康第一で、片付けなど、あまり励まないようになさってくださいませ。などと人さまにはお節介なことを申しでいますが、わが身となれば無理をしてドンドンやってしまいそうです。
 観てきたオペラの感想をHPに書き終え、これから旅日記にとりかかります。

kikukoさま
コメントありがとうございます。
新居は素晴らしくなどなく、狭いのでバリアフリーというわけにもいかず、二階家ですし、外からの入り口両側に階段もあり、足を悪くすると苦労が伴いそうです。
ユックリズムであせらず、なんとかサバイバルしようと思っております。

cannellaさん、気持ちは焦っていることでしょうが、無理なさらずに。
なるべく人の手を借りてください(それもお金を払うプロの人)。
何でも自分で、自分で、と思ってはいけませんよ。
少し人に任せてみてはいかがでしょう。ご主人様もお大事に。

へこたんさん、ありがとう。
そうなんです。去年の引越しは二社が争って、どたんばで運送もやってるとこが、破格の値下げをしたので、夫がそこに決めたのですが、今回は引越しだけやってる、まさに専門業者の三日間コースに決めました。うれしいです。心配してくださって。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/51866416

この記事へのトラックバック一覧です: 不安がよぎる:

« 『木漏れ日の家で』を観る | トップページ | 警老測定 »